秋冬系ウェアで必要なもの

こんにちはbici-okadamanです。
今日は雨天ですが明日は晴れるようで・・・よかった。(定休日が僕の休日なので)。
日に日に朝の気温が低下してきてウェアの切り替えに悩まされるようになりました。

朝は寒いけど、日中は暖かい。
登っている最中は暑いけど、下り始めると汗が冷えて寒い。
日なたはまだ暖かいけど、日陰が続くと寒い。

・・・と言う感じです。
ある状況では暑くてある状況では寒い・・・となるのでウェアの選択がとても難しい。
更に寒くなって冬用ウェア一択となっても、ライダーによっては「暑い!」と思う場面があるためウェアの重ね着に関しては少しずつでも増やしていった方が良いと思います。

この時期に重宝するのは
アームウォーマー&レッグウォーマー
ノースリーブ(or半袖)の目の詰まった秋冬アンダーウェア
ウィンドブレーカー
指付きグローブ
があると半袖+パンススタイルに組み合わせるだけでもう少し走れます。

1-2016-10-25-15-53-58
冬場に重宝なDefeet GLOVEが入荷しました。
ただの軍手?と思うなかれ、プロツアーチーム選手でもかなりの選手がこのグローブを春先に使用しています。目の詰まった網目が通気性を適度に抑え、発汗を外へだし、手が汗で濡れた状態にならないのが最大のメリットです。(実際に以前は「軍手」をして春先にレースをしていたこともあります)冬場の手先が凍えないようにするためには「グローブによって手先が汗で濡れてしまう」ことを避けることが一番効果的に思います。どれだけ高級で保温性、防風性に優れていても汗で濡れてしまうとどんどん冷やされてしまうことを実感します。冬場用のグローブはサブグローブでも良いのでdefeetを持つのがもっともいい対処方法だと思うのです。

アーム&レッグウォーマー
ニット系であれば特にQ36.5だったりDefeetのような「夏用のアームカバー&レッグカバー」でも持っていると便利です。この辺の製品は冬用である必要ないくらい暖かいです。逆にパールイズミやレリックなどのレーサーパンツ系の素材のものは裏起毛タイプの冬用をそろえないと厳しいです。展示会などで見解を聞いているとメーカーの「適温にする」と言う考え方が違うところからきているようですね。

ウィンドブレーカー
静岡あたりだと真冬時期でも「ウィンドベスト(防風素材のノースリーブ)」を持っているだけで対処できるのでgruppoでは初代のベストがこの時期もっとも活躍するのですが・・・欲しいよと言う方はご相談くださいませ。(まだトップシーズンには間に合います)
長袖タイプにせよベストにせよ、もっとも重要なのは身体(冬ウェアを着た状態)にフィットするかどうかです。ゆっくり走るから・・・と言う人でもなるべくフィットしているものを選ぶべきです。理由は空気抵抗。ウィンドブレーカーは名前の通り風を遮ってしまうので空気抵抗が増してしまう。さらに風の強い季節でもあるので自分の走力に関係なく「向かい風」で体力を浪費するなんてこと避けたい。そのための「ベスト」と言う選択肢でもありますが、ともかく「フィットしていること」が重要になってきます。少量ずつではありますが、rericなどのフィット感の良いものを在庫してますので試着もしてもらうとよろしかろうかと。

と、言うわけで「今の季節」に必要なものを考えてみました。
冬はまだ先です(笑)。
冬ウェア、シューズカバーなどのご相談も随時お気軽にお立ち寄りください。

ROTOR Q-ringsに戻しました。

こんにちはbici-okadamanです。
今週は日曜日(30日)がお休みとなりますのでご了承くださいませ。
日曜日はサポートでの遠征なので僕が走ることは・・・できません(試走につきあうかもしれませんが)。と、言うことでちょっとトレーニング時間(週のトレーニング時間などはgarmin connectで管理中ですので)が削られるのが残念です(笑)。

ようやく交換BBが来たのでPower2max+ROTOR Q-ringsの組み合わせに戻しました。
Q-ringsを使いだしてからは僕は基本的には「楕円リング支持派」です。誰にでも勧めているわけではないですが・・・。
楕円リングは踏力(ペダルへの伝達力)の波をクランク角によらず駆動力として一定化するのが目的ですが、踏力は反して「重い、軽い」と感じやすくなる要因でもあり、最も踏みにくい上死点などと最も踏みやすいクランク方向3-4時とでは厳密には「踏んだ感じ」が違うんですよね。上死点付近では重いと判断しがちで3-4時付近では軽いと思う・・・それが強くなると「お尻がぽんぽんと浮く」現象にもつながると僕は思いますから、ケイデンスが早くなってくるとお尻が浮きがちなライダーにも向いているかと思います。
他社品も一時期使用したことがありますが基本的にはROTOR一択です。楕円リングは楕円率が大きすぎてもよく感じません。途中で曲率が変わるようなタイプについてはその変化が足に伝わって感触が気になるという点で僕の中でNGです。そういうのが良いんだろうというのはC.フルーム・・・ペダリングが特殊であれでピッタリ感じないのかもしれませんが。
もうひとつ、僕は交換するならばアウター×インナー両方するほうが良いだろうと思っています。どちらも同じリズムでペダリングしたいからです。逆に、効果を実感してみたい、テストをしてみたいという方には片方だけというのも手ですね。

1-2016-10-24-16-32-24

僕が現在乗っているSCOTTはBB86と呼ばれるBB形式なのですが、色々と試してみると・・・どうやら一番互換性がない規格のように思います。シマノが純正で出している圧入タイプのBBはロードではこれだけなのですが、困ったことに30mm径のシャフトを用いるクランクを用意するBBが1メーカーしか出ていないのです。他のBB規格ではそれほど苦労せずに他社BBを用意することができますし、カンパ、シマノ(24mm)、30mmφシャフトそれぞれのクランクに対応する部品が用意されています。ところが、BB86はクランクシャフト径を大きくする余裕が無くて、互換性や音鳴り対策、使い勝手をPRしたい各ブランドとも対応品が作れていない・・・という状況なんですね。
まぁこれはこぼれ話と言うレベルなんですが(笑)。
bici-okadamanではシマノユーザーが多いですし、ROTORクランクも基本的には24mmのシマノBB互換のあるものを中心におススメしています。現在はROTOR inpowerだけが悩みの種です・・・。

本日のsmr (2016/10/23)

こんにちはbici-okadamanです。
14787514_1797824460496846_1918876688_o
smr実施しました。
全員で10名(内女性2名)でした。中途参加の方もいましたけど(w。
今日がJr.メンバーの今シーズン最終戦(シリーズ)にむけた最終週でした。Jrの選手たちは四日市(&静岡県高体連新人戦)、全日本@益田、清水町クリテと連戦になります。今年が最終学年の子もいますし、今回が初参加の子もいますが、今持てるだけの力をきちんと発揮してもらうように頑張ってほしいです。と、言うことで特に初参加の子へはレクチャー含めてのライドになりました。

14803092_1797824400496852_784041445_o
ツーリング班もトレーニング班も集合で休憩です。
僕はトレ班の時は登り切ってからツーリング班のサポートにと思っているので途中まで戻って合流が可能なこのコースが好きです。色々なコースを走る機会も持ちたいとは思っていますが天候の安定している今がチャンスかもしれません。天候が良い=路面状態もいいですから。

14808119_1797824483830177_1017650376_o
帰路終わってから再度集合です。
ちなみに連絡事項・・・来週末(30日)は、四日市サイクルフェスティバルにサポートのため出向きますのでbici-okadamanはお休み、smrも自主運行日となります。

Di2 ワイヤレスユニット取付しました。

こんにちはbici-okadamanです。
朝、妻と2人でライドしてきました。家族の都合がうまくつかないと2人で走るのは難しく、日曜日のsmrの方では予定が合わず・・・でしたので土曜日に時間を取ってもらって走ってきました。南アルプスロングライドの件もあるのでペースメーカーをせずに自分でペースを作ってもらいました。最終的に自立したサイクリストとしてペースメークが自在にできるようになると良いと思ってます。

今日の作業はシマノのDi2(電子シフター)へワイヤレスユニットの追加について。
シマノDi2はシフトレバー側をスイッチとして前後の変速機をそれぞれ電動で動かすコンポーネントです。「シフトスイッチ」がハンドルの色々な場所へ増設可能にもなりますし、変速ワイヤの延びによる変速が決まらずにガチャガチャとなるよなことが起こらないのです。
今回はワイヤレスユニットの増設によって更なるメリットを享受しようという試みです。
シマノ純正でもでているのですが、garminなどのサイクルコンピューターに「ギアが現在どこに入っているか」「ギア比はいくつか」などの表示をさせることがワイヤレスユニットの増設によって可能になってきます。(これがデータとして残すこともできる?かどうかは確認していませんが、残せたらギア比の参考データになりますね。)
配線を結ぶ必要がありません。ワイヤレスユニットの増設とバッテリが対応しているかどうかの確認、設定の確認ができればOKで、今後は微調整もこのユニットを介してスマホなどで作業ができます。(有線式はとにかく作業が面倒です。作業スペースにPCがなければできません)
この表示、ペダリングやギア選択のスキルが確立されているひとならば大きなメリットにはなりませんが、自信がある人の方がすくないですよね?
4-2016-10-22-13-40-12

Di2の今後ですが、すでにMTBでは導入されている「スマートシフト」がロードでも導入間近と思われます。フロントとリアの変速の「一体運用」と言うか、これまでは左手でフロント、右手がリア変速と分かれていたものを、Di2内部でまとめて運用して「インナーロー」から「アウタートップ」までを最適な経路で変速させるというやり方です。途中どのタイミングでフロント変速をするべきかを悩ますライダーにはうってつけのアイテム・・・ですよ(笑)。現時点ではまだ「いらん!」って言われてしまっていますが・・・。

と、言うことでこれまでbici-okadamanで対応してきたDi2ユーザーすべてで一部部品の交換により上記の追加増設可能となっておりますよ。興味のあるかたはご相談ください。

オーバーホール等予定作業の予約について

こんばんは、bici-okadamanです。

今週末の天気予報は大丈夫そうです。しっかり二日乗れる人はうらやましい(笑)ですが、僕も今週は土曜日にしーさんと、日曜日にはsmrで走ることができそうなので・・・たぶん。南アルプスロングライドの件があるのでしーさんにはきちんと走ってもらえる環境をつくらなくてはいけません・・。

現時点での今後2週間程度ではオーバーホール作業の予約は11月第1週前半を除いて受付可能となっています。それ以外の当日受入れ作業できるようなメンテナンスについてはいつでも対応していますのでお気軽にお立ち寄りくださいませ。
11月の前半にまたプライベートレッスンライドの予約をいただきました。良いテーマをいただきましたので事前準備をきちんとしなくちゃ・・・(笑)

BH2017取扱いますよ(と言うことで)

おはようございます。bici-okadamanです。

入荷がちょっと先になるのでまだ店頭でお目見え!の写真はないものの・・・。
BHの取扱いが開始です。スペインの総合自転車ブランドでもありますが、現在ロードバイクはちょうど新城選手と入れ替わりになってしまいましたが・・・フランスのディレクトエナジーに供給中。歴史の中でもブエルタでは重要な位置を占めるメーカーでもあります。

1-img_0583
現在G6proと言うエアロ系のフレームが2月入荷・・・とちょっと先の予定ではありますが、
先の代理店の時にも取扱いをしていたのでアフターパーツなどの入手が楽になった点も含めて今後は積極的に・・・と思っています。
ちなみに、ここのブランドの特徴はこの強いスローピングトップチューブ(後傾したハンドル側とサドル側を結ぶパイプ)ですが、これでどっこい大型のフレームを入荷させてくれているありがたいブランドでもあります。ちゃんとカタログにアップされているものを見ると・・・190㎝でもOKじゃないかな?(これまで185㎝台の方が数人ご注文いただいてますのでないとは言えないのですよ)

 

Scott FOIL & Boma TH-9W

こんにちは、bici-okadamanです。
快晴なので午前中はオーバーホール作業の分解と洗浄作業を中心に・・・僕の場合は水分を使う洗浄はできる限り天気の良い日に実施したいのです。乾燥作業が楽になるからです(笑)。田舎で良かった・・・。乾燥の後に拭き取り(洗浄残りのチェック)と注油作業を経て・・・組立てになります。

SCOTT FOIL10完成車(¥569,000+tax)が入荷してきてそちらも現在組立て中です。
アルテグラDi2仕様ですが・・・このDi2仕様は今後大きく変わる(機能拡張)可能性があるのでそちらの対応が追加されています。試行錯誤の部分もあるのでとりあえず暫定版でアップします。
写真の仕様(Mサイズ)でちょうど7.5㎏でした。
バーテープは巻いていないしペダルもなし、ボトルケージなしなのだけどエアロフレームとしても軽いなーと言う印象です。僕の場合はサイズの関係もあって8㎏切っていればレースバイクとしても「軽い!」って思うのですが、サイズMとLの違いぐらいしかないのでやっぱり軽いと思います。
エアロフレームとしてもシンプルな形状のバイクなのでフレームの重量増はSCOTTのADDICTの方と比べても+200g 切るレベルで収まっています。やっぱり良いよなーって(笑)。
試乗(調整の確認もあるので)もする予定ではいますけど、まぁしばらくADDICTと比較して悩みそうな気もします。

1-2016-10-18-12-46-04

ハンドル&ホイールはオーナーさんの意向が入っています。
ハンドルは「他に乗っているバイクと同じモノを」と言う理由ですが、ホイールは前後でハイトが違うBOMA TH-9Wが良いんじゃないかということで使用しました。カーボンホイールに関しては価格も価格なのでホイールバランス調整も込みで対応させてもらっています。BOMAのホイールに関してはちょっとズレが大きい傾向があるのでやった方が良いのです。簡単な方法ではありますが差が大きく感じるのですよね。

冬ウェアを揃える準備。

昨日のsmrでは高校生たちもさすがに寒く感じたようで、「冬用のウェア準備したいです。」と言うことでした。近年は秋の温度低下が急激になったようで、暖かい冬と言われていても「寒い」と感じやすくなったんだそうです。

日常生活ではまだ「半袖でいいかな?」と思うこともある日中ですが、自転車上では気温とは別種の寒さが襲ってきます。
「風」・「高度」・「日陰」・「汗」
の4点でしょうか?他のスポーツでも同様にある条件ではありますが、自転車の場合は「風」が一番の強敵のように思います。30km/hで走ることによってだと8.3m/sと言う風を自ら作り出して受けることになってしまいます。意外と強風ですがペダルを漕いでいるときであればいい?脚を止めている時と漕いでいるとき(例えば下り坂)でまったく条件が違うのですよね。

防寒対策は個人個人でものすごく違います。
意識の問題ももちろんあると言えばあるのですが、走る環境によって左右されてしまうように思いますので「これ買っておけばOK」みたいなものは僕は言えないと思ってます。
静岡の場合、最も寒い時期で考えると
・朝方は0℃付近だけど、日中は10℃以上になる。
・朝方は風が吹いて、午前中にかけて風が止みかけて、午後に向かって強風が吹き荒れる。
・山の中だと風が無かったりする。
さらにグループライドに来られるメンバーの様子を見ていると
・薄着でもへっちゃらな人(夏用ウェア+アーム&レッグウォーマー)
・厚着な人(防風ジャケット+シューズカバー、ヘルメットカバー、イヤーウォーマー・・・フル装備)
・ウィンドブレーカーを脱いだり着たりと忙しい人⇔着っぱなしの人

同じグループで走っていたりしますから・・・どれを勧めたらいいのかは本当にその人次第になるんです。と、言うことで年々ウェアを揃えていくことが正解になるんだろうとは思います。アンダーウェア、ウォーマーの類は夏用に付け加えで準備しやすいのと、厳冬期を挟んで秋と春で2回必要になることが多いです。最も寒い時用の冬用ジャケットは最終手段かもしれません。
もうひとつ、ウィンドブレーカーは必携なんですが、折り畳んでポケットに入ることとぴったりしたシルエットであることはロード乗りが選ぶ必須条件です。相手は「風」ですからね。

逆に冬用ウェアを持っているととても走りやすいのが静岡の冬です。
天候が晴れで安定し、日中はそれなりに暖かく走れます。帰ってきてから身体がぽかぽか1日過ごせます(笑)。と、言うことで冬用ウェアのご相談おまちしております・・・。

P.S.何が必要か?が載ってませんのであしからず。
ただいま、冬用の「半袖アンダー」を探しています。もうしばらくお待ちください。

Feedback sports omnium

おはようございますbici-okadamanです。
今日は一日中雨のようです。完成車一台組立て中・・・ですが紹介は明日ですね。
店前にて1枚写真を撮っておかないと気が済まないです(笑)。
まぁそのくらい小さな店です。

日曜日のsmrでは前半トレ班、後半ツーリング班で3時間。次の日は休養日・・・としたい所ですがそれほどstravaでのスコア(ランも始めたのでTRIMPスコアに近い方がトレーニング質量管理に向いていますね)も高くないのと、今日が雨なので消費カロリーも小さいのでちょっとだけローラー台に乗りました。

2016-10-17-08-16-01-2
店ではFEEDBACK SPORTS のオムニウム(¥55,000+tax)を使っています。
前輪固定型のローラー台で、元のパテントはSport craftersと言う会社が持っていました。
基本構造は同じでFeedback Sportsが他の製品にも使用している赤アルマイトのアルミフレームを使用している点、折り畳んだ時にばらけないようなちょっとしたアイディアが違うくらい?です。
軽量性、折りたたんだ時のコンパクトさがとても優秀で持ち運びや遠征時の省スペース性に優れてます。もうひとつは「前フォーク固定」のため、後ろのホイールにかかる負荷が後輪固定型の固定ローラーよりはるかに小さいだろうという点も利点の一つ。いわゆる決戦用ホイールをもちいたままでローラー台に乗っても・・・あくまで後輪は自重でローラーの上に乗っかっているだけ。僕はローラー台用ホイールの必要性を感じません。
弱点は負荷が変更できない事と、ちょっと弱めなこと。
実走レベルだと平坦を走っている感覚にはちかいのですが、本格的にパワーをかけたトレーニングにはちょっと速度が上がりすぎる。例えば上りのトレーニングをやろうというのには向いていないようなんですね。もっとも向いている使い方はレース前のアップだろうと思いますが、僕のように普段は片づけておいて「気持ちよく走れればOK」という人にも向いています。これでなんでもやろうというのはちょっと向いてない(笑)。

と、言うことで店では「すぐに引っ張り出せる、片づけられる」と言う特性を利用してポジション調整やフィッティング、試乗などで活躍してもらってます。

 

 

1-2016-01-25-08-31-59

 

 

2016-10-17-12-08-20