2018/12/9 本日のsmr

今日のsmrは11名の参加でした。ちょっと足並み揃いませんでしたが(笑)。

原因は僕です。
忘れ物を取りに行ってから途中合流しようと思ってショートカットしようとした途中でパンク。
チューブレスレディなのでシーラントが噴出し、パンク修理(エアの継ぎ足し)をしようとしてバルブキャップを外そうと思ったらバルブキャップにバルブコアが付いてきてしまい…。
時間が惜しいのとまたパンクトラブルは怖いので、いったん車で回収して貰って出直しました。
と、言うことで峠の駐車場で合流したんですよね~(苦笑)。
もうひとり、遅刻マンもいましたが。

トレーニング組は先週よりオフトレーニングの一環で「インナー縛り」の区間を設けています。
ペダリングのクイックネスとスムースネスを意識するには、ある程度「負荷を抜いたペダリング」で練習したほうが効果的です。
例えば、3本ローラーなどではローラー台に負荷装置がないので、ある程度のパワーがあれば速度を上げて負荷装置がわりということで40㎞/h~50㎞/hとなることもありますが、インナーギアの軽いギアに設定して100rpm~120rpmでじっくりとペダリングするように指導します。で、これができるようになったら「ギアを軽くする」んです。
負荷が無いほうがペダリングスムースネスは難しい。だけど、夏場やオンシーズンではやはりパワートレーニング重視になるので今、オフシーズンにやっておこうというわけです。
速く、パワーを掛けるのではなく、速く、スムースに、正確に。
徐々に慣らして行って、レースで使えるペダリングになることが狙いです。
ま、ちょっと2グループにとっては速いようなので、できれば僕が入りたかったんですが、ごめんなさい。

でも、今日はトラブルがあったというほどでもないですね。
パンクトラブルはsmrでは年に2-3回ありますけど、まぁ少ない方だと思います。

 

今週末の営業・smrについて(と、10月1日の臨時休業について)

今週末(9月29日、30日)の営業についてお知らせします。
今週末は通常通りの営業になりますが、「当地にて暴風雨に関わる警報」が出ている間は営業をお休みにさせていただきます。
また、smrも通常対応なんですが、天気予報上は「暴風雨」だそうですのでこちらも現時点では中止の予定になります。
今週末、八ヶ岳GFや、志賀高原、浜松などでもイベントがあるんですけど、実施が難しそうですね・・・早くも関西のイベントは中止の発表が出ている、ついていない週末になりそうです。
それ以上に台風への備えも気を付けておかないといけませんね。Rapha Prestige Shinshiroが本当に先週で良かった・・・というところです。(店主ロスってます。)

もうひとつ、お知らせです。10月1日は所用によりお休みをいただく予定です。
申し訳ありませんが、来週の営業は月曜日もお休みになります。

今朝からNINER RLT9 STEELに乗り始めました。
もうすぐ1年です。そろそろタイヤを変えてチューブレスにしていきます。冬場の間はこちらのバイクに乗る機会が増えると思います。
こちらのバイクでも普段と同じコースを走っていて-1~2㎞/hのダウン程度です。ロードレース(バイク)のような加速性、軽量性はありませんが巡航性はありますよ。
なにより、積載能力、安定性が高いので冬場にいろいろな道探索をするのに都合が良いのです。今回のRapha Prestige Shinshiroを走って「新しい道を走ること」の面白さを再認識しました。
近いうちに、先ごろ用意したチェアとガスストーブを積載して朝ライドをより楽しむ仕様にしたいと思います。

28Cタイヤのこと。今後のタイヤトレンドはワイド化。

ロードバイクは今後のトレンドとして25C~28Cの幅のタイヤが主流になるだろうと思っています。
ロードバイクの主流が25Cになったのが1-2年ほど前からです。まだ23Cが良い!という人もいますね。ロードバイクらしいと言うことで。

bici-okadamanではまだちょっと早いかも・・・と思いながら主力のロードバイクも28C化して乗っています。
僕のバイクはSchwalbe PRO ONE 28C (チューブレスレディ)
もう1台は SOMA FABRICATION SUPPLE VITESSE 28mm (クリンチャー)

新しいタイヤはどんどんとワイドタイヤ(太いサイズ)化しています。
太タイヤは新しい考え方になってきていますね。
SOMA SUPPLE VITESSE  / PANARACER RACE-C EVOはいずれも太いタイヤのメリットを生かした「軽量化」を推し進めてこれまでの28Cタイヤとはまるで別物のタイヤになっています。
SCHWALBE PRO ONEも、チューブレスレディ(チューブレスほど密閉性を高めることなく簡素化して、密閉の完全化はシーラントを用いる)化によってタイヤの柔軟性をだすようにしています。
新しいワイドタイヤは
・とにかく軽量
・柔軟性があり
・耐パンク対策は「エアボリューム」が最優先
という感覚です。

今の僕の結論としては、以下の印象です。・・・ちゃんと理由も説明できるようになりましたので「どうなの?」と聞いてくれればお答えしますよ。
・28Cタイヤは十分に速い(レースでも十分に使用可能)
・加速性だけちょっと苦しい(ホイールがカーボンならまた違うかも)
・衝撃吸収性効果が大きく、長距離で身体が楽
・グリップも高くて、走りやすい

まぁ、弱点もあって
「今乗ってるフレームに使えるかが微妙」なことはありますけどね・・・。
太いタイヤサイズを使ったらどうなるのか興味があったら試乗ホイールを持っていますのでどうぞお尋ねくださいませ。
新しいバイクを考えるなら、「28Cが入るクリアランスは必須です」w。

5月2日~4日まで連休いただきます

5月2日より4日までの間、連休とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
中の人、時々お店にいるかもしれません。その時は応対可能だと思いますのでどうぞお声掛けてくださいませ。
なお、5月5日はツールドエコパ?の1時間エンデューロに出場して帰宅してからの開店となります。
11時までには戻ってこれるつもりでおりますが、多少開店時間が遅れる可能性もありますのでご了承ください。

今日は、本当に久しぶり(笑)に2人で走ってきました。
2人で走るときはたいていここですね。
しばらく前に替えておいたタイヤの調子も知りたかったところですが、前回乗った時から間隔があいてしまいましたのでちょっと曖昧でした。
できればまた2人でロングライドイベントに出れるようにと思っているので、その時に合わせてちょこちょこと理想形を追っています。

本日のsmr (3/18報告)

本日のsmrは14名の参加、内女性陣が3名でした。
それと遅刻組が2名・・・若者たちよ早く寝なさい(笑)。

今日はWさんが転勤で当地を離れるということで、常時参加としては最終日になりました。
イベントなどでまたお会いしましょうということと、最近はSNSも駆使して距離に関わらずやりとりできているかたもいますのでお互い情報交換し合いながらサイクルライフを継続できるようにサポートしていければなーと思います。と、言うことで今日の参加メンバーで記念写真を撮りました。そのうちの1枚掲載です。(交代で写真を撮ったので全員が写っているわけではありませんご容赦ください)
そしてご本人は最終日もパンクでした…。

10人以上の参加の場合はほぼ確実にトレーニング班とツーリング班に分けています。
ツーリング班のほうは基本的には脱落者をださないことにしていますし、トレーニング班のほうは「トレーニング」が中心です。
ただ、走力的にはトレーニング班に参加できないけど、「トレーニング」としてとか「走りを個別にチェックしたい」というケースも僕のサポートの余裕があるときは対応しています。
今日は往路はゆっくり組のサポートをさせてもらい、帰路はTTトレーニングのサポートを途中まで対応しました。
特にグループライドの場合TTバーを持っての練習はなかなか難しいことがあります。先頭に立たないとバーを持ち続けるのは難しいです。単独で走ることになってしまうとなんのためのグループライド?ということにもなってしまうので「区間を区切って」単独とグループとを使い分けるのが良いかなと思います。そのあたりは人数が増えてきたらまた工夫(試行錯誤)を入れていく予定です。

ということでだいぶあたたかなライドになりました。
来週もスケジュール通り実施します。

ここ最近は乗っていますよ。

今日は最後に雑感を。
ようやく雑務から解放されて、ここ最近は乗っています。
なんと今年の2月は過去最高の体重(77㎏台)まできていまして、ちょうど5㎏程度の増量だったのでした。ちょうど20代に乗ったころからずっと71-3㎏前後だったのでいかに運動量が下がっていたのかと思ったのですが、ちょっと戻しまして75㎏台までは戻っているのですが・・・まだ重いですね(笑)。

僕の場合、やはり「自ら走って機材を証明する」くらいはやらないとダメかなーと思いまして(笑)。
今の僕の走力はたかが知れているのですが、それでも「走って評価しましたよ」って言わないと少しの説得力もなくなってしまいます。
特に、ロードバイク系の場合は「それって本当?」とそういう目の評価からスタートすることが多いので、自分が勧めるのであれば自分が乗って良いなと思ったものでないとねーと言うことで。

今朝はこちらのNINER RLT9STEELのほうで走りました。
始めはサイクリングのつもりで走りに行ったのですが、途中から気持ちが沸々としてきて結局TT走を1本やってきたのでした(笑)。
実はほぼほぼロードと同じようなタイムで走ってしまうんですよ。平地で15分間くらいの時間だと30秒~1分くらいの遅れじゃないかと思います。走っていての実感も「しっかり速度に乗ってるなー」という印象です。
・グラベルロード
・フロントシングル
・33Cのクリンチャータイヤ
・10㎏前後の重量のスチールバイク
・ディスクブレーキ仕様(これはタイムには影響しません)
と遅くなるような条件と思うでしょ?緩いのぼりぐらいまでの平地ならほとんど気にならないレベルで走れます。
これまでもちょっとずつ紹介してきましたが、乗っていて楽しいねと思うバイクです。
グラベルロードの場合、価格もそうですが砂利道などでのものがフレームに当たる強度などを考えると、積極的にアルミやスチールバイクを使うメリットもあります。
サイクリングメインで使用されるのであれば積極的にグラベルロードを使うメリットもあるというのが僕の実感です。

明日も走るつもりですが、天気は大丈夫かなー。

明日のsmrについて(3月11日予定)

明日のsmrについてのご連絡です。
明日のsmrも通常通り実施します。ただ、明日は藤枝マラソンがありますのでルートはいつもと変わりますので、寝坊した!といって途中合流される方はご注意ください。
朝比奈川沿いもしくは藁科川沿いを走ります。
初参加の女性の方がおられる予定ですので、僕は基本的にはその方のサポートに回る予定です。
こちらのルートはトレーニング班のほうは藁科川沿いへ出るかもしれませんし、ツーリング班のほうは朝比奈川沿いになるかもしれません。
ただ人数次第になるのでご了承ください。

・bici-okadaman前8:00集合~11:00帰着予定
・40‐60㎞程度のルートです。
・基本的にグループライドの練習が中心になります。(強化練習ではないので楽しんでください)
・安全最優先・自己責任でお願いいたします。
・ヘルメットは必携です(と、言ってもこれまでかぶらずに参加しようと思った方がいたわけではありません)

どうぞよろしくお願いいたします。

本日のsmr (2/18報告)

本日のsmr、参加が6名でした。
内2人がバイクパッキング済みのグラベル&CX出走。ロードバイク相手のライドは承知済みでしたので頑張りました(笑)。
もともと2人(僕がその1人)ともローディですからね。ローディ的バイクパッキング&ツーリングはどうなるのか・・・のシミュレーションができました。
結論は「先頭交代だな!(笑)」


グラベルバイクもCXバイクもどちらも32-33Cのタイヤですが、ツーリングのペースならロードバイクと走ってもいけそうです。
重量が重くて加速が苦手なこと(ブレーキがディスクなので減速は苦になりません)、前面投影面積が増えてしまい先頭を走る・単独で走るのがロードに比べて苦手ということを理解しておけばうまく走れました。
グループの中では思っている以上に走行感が軽くて、ついていくことに苦しむことはありませんでした。
ロードのグループなら先頭交代をうまく利用すれば、より早く、よりまとまってライドを楽しめそうですよね。のぼりはゆっくりになるのは否めないですが、速度維持能力の高さはこれらのバイクの面白いところだと思います。
二人とも、「衣服はどうしよう?」という状態でした。もうちょっと容量が欲しい…あるいはテントの軽量化に走るしかないでしょうかね?キャンプスタートまでにはまだ時間がかかりそうです(笑)。

ロードグループが蔵田を走っている間に、「とりあえず使ってみよう」と言うことで、僕はテントを張り、Y君がガスストーブでお湯を沸かしてくれました。
急遽持って行った紙コップで参加メンバーでコーヒーとショウガ茶?で乾杯してきました。
こちらも練習が必要そうです。テントはうまく張れませんでしたし・・・。何事も経験してみることです。

帰路も今日はまとまって・・・のつもりが高校生とY君が2人抜けだしたので後ろは4名で回しました。
いや、あの荷物をしょって走れちゃうんもんですね。(下りはむしろ得意ですけどね)

来週も通常通りの実施です。
ただ、来週はバイクパッキンの週ではないと思います。(不定期です)。

 

明日のsmrについて(2/18予定)

明日のsmrも通常通りの実施です。
風は今日よりは収まりそうな予報ですが・・・風があると休憩時間などにちょっと冷えると思いますのでご注意くださいね。
ちなみに、冬のグループライドの大敵はやはり「風」です。
コースによっては追い風、向かい風、横風ありとあらゆる方向から風が吹いてきます。
その中ではバイクコントロールも少々難しいものがありますね。横風が吹けばバイクは反対方向へ流されることになるし、向かい風の中ではバイクはなかなか進みません。
特に難しいのは横風の時。バイクが流されると後ろのライダー・自動車にも迷惑をかけることになるので、横風こそまっすぐ走ることが重要になるのです。
単独走の時よりも意識がより強くなるので、スキル向上にもつながります。もっとも、怖いと思うレベルならば間隔を開けたりするべきですし、単独走になっても大丈夫です。

ロードレースに出たいというメンバーにとっては横風のグループ走は・・・さらにちょっと難しいです。
公道での先頭交代とレースでの先頭交代は横風の存在でがらりと変わりますからね。
レースでの横風時は「斜めローテーション」という形になりますが、実際に公道で大っぴらに練習することが叶いません。
冬場の間にどこかで練習できるか探してみるようにしたいなとは思います。

・・・などと書いておきながら(笑)。
明日はこちらのバイクで参加します。峠駐車場までは頑張ります。
ちなみに1人ではありませんw。

bici-okadamanに集まるサイクリンググループ

今日は父グループのサイクリング日です。
平均年齢70歳以上(80歳オーバーの人もいますよ)の有志で走ってます。自転車もてんでばらばら(笑)ですが、例えば20年以上前のロードバイクを復活させて乗っているひともいますし、いわゆる「ロードマン」と呼ばれていたバイクを復活させた人もいます。20年以上以前のものだとバーテープやタイヤなどゴム類が傷んでいるので見た目のダメージが大きい時がありますが、現代のパーツに置き換えたり洗浄オーバーホールをして使えるようにしたりして乗ることもできますよ。こちらのバイクもすべてメンテナンスをさせていただいています。コース途中でトラブルが一番大変ですからね。(時々パンク修理のために救援要請かかりますけど^^;)

日曜日に走っているsmrでは3時間5‐60㎞というところですが、有志グループは3時間で40㎞位というところのようです。
サイクリングは「自分の足が動力」になりますので散歩と同じ感覚で(ルールはきちんと守る必要がありますが)いくつになっても楽しむことができると思いますよ。
昔の自転車を復活させたいよというお話もぜひご相談ください。