フロントへの荷物の積載方法

レベレイトデザインからハーネス(15610円税込)という商品が出ていると聞いて取寄せしてみました。

なにこれ?みたいな商品ですよね。
とにかく取付をしてみましょうと。

中身はシュラフ。オルトリープのエア抜きバルブ付きのドライパックを使っているのは中身をコンパクトにしたいからです。(ちなみにこちらも取扱いがございます)
この手のドライパックはどうしても空気が一緒に封入されてしまいます。かなりコンパクトでこの中に衣類も少し入れることになりそうです。

これをこのように…。
黒い布は形状がしっかりしていてばねが効いているので、中央の(シルバーの)ベルトをまず締めればもう安定しています。
サイドの黒いベルトをしっかり締めこめばがっちり固定されます。
で、見ていただくとわかるのですが、ハンドルとバッグの間にきちんと空間ができるんですよね。
アップバーを持つことが多い僕にとってはこれはとても重要ですし、ブラケットの邪魔にもなっていないのでとっても使いやすそう!!


と、言いたいところなのですがハンドル~荷物間のクリアランスはOKとしてもタイヤと荷物のクリアランスがかなり微妙でした。
実はこれもともと、MTBなどのフラットハンドル用として開発されているのでハンドル~タイヤ間のクリアランスはそちらであればかなり余裕なはずなんだそうです。
それをグラベルロードへ流用させてみたところ、バイクによっては「こういうこともあるようだ」と。
そのままでもギリギリ確保できているのですが、ちょっと不安な部分があるので工夫はしておきたいところです。
たぶん、バイク1台1台によって取り付けには多少工夫が必要だと思われます。ステム長の関係だったり、ハンドル高さ、荷物の大きさによって変化することなんでしょう。

と、言うことでこのようにハンドルの斜め前方にして逃げられないかなといくつか工夫が必要なようです。(これだとこんどはブラケットと干渉します)
でもちょっとした工夫で解消できるようですよ。いくつかアイディアを試行中です。

バイクパッキングはグラベルロードに限らず通常のロードでもバッグ類を取り付けられるシステムになっています。
特別な1dayツーリングや、輪行ツーリング、通勤ライドに向けては普段バッグを背負わずに走られるライダーは、ディバッグなどを背負って走るよりもバイクパッキングでバイクに取り付けるほうが身体の負担が小さくて済みます。
小型のものを1つ持っているだけでツーリングの幅がぐっと広がるのがこれらのシステムの良いところです。
今後もこう言ったものをちょこちょこと紹介していきたいと思っています。

P.S.フロントに荷物を載せておくとNINER RLT9 STEELは超安定しますね。走りやすいので最近は荷物を載せっぱなし・・・(笑)

本日のsmr (2/18報告)

本日のsmr、参加が6名でした。
内2人がバイクパッキング済みのグラベル&CX出走。ロードバイク相手のライドは承知済みでしたので頑張りました(笑)。
もともと2人(僕がその1人)ともローディですからね。ローディ的バイクパッキング&ツーリングはどうなるのか・・・のシミュレーションができました。
結論は「先頭交代だな!(笑)」


グラベルバイクもCXバイクもどちらも32-33Cのタイヤですが、ツーリングのペースならロードバイクと走ってもいけそうです。
重量が重くて加速が苦手なこと(ブレーキがディスクなので減速は苦になりません)、前面投影面積が増えてしまい先頭を走る・単独で走るのがロードに比べて苦手ということを理解しておけばうまく走れました。
グループの中では思っている以上に走行感が軽くて、ついていくことに苦しむことはありませんでした。
ロードのグループなら先頭交代をうまく利用すれば、より早く、よりまとまってライドを楽しめそうですよね。のぼりはゆっくりになるのは否めないですが、速度維持能力の高さはこれらのバイクの面白いところだと思います。
二人とも、「衣服はどうしよう?」という状態でした。もうちょっと容量が欲しい…あるいはテントの軽量化に走るしかないでしょうかね?キャンプスタートまでにはまだ時間がかかりそうです(笑)。

ロードグループが蔵田を走っている間に、「とりあえず使ってみよう」と言うことで、僕はテントを張り、Y君がガスストーブでお湯を沸かしてくれました。
急遽持って行った紙コップで参加メンバーでコーヒーとショウガ茶?で乾杯してきました。
こちらも練習が必要そうです。テントはうまく張れませんでしたし・・・。何事も経験してみることです。

帰路も今日はまとまって・・・のつもりが高校生とY君が2人抜けだしたので後ろは4名で回しました。
いや、あの荷物をしょって走れちゃうんもんですね。(下りはむしろ得意ですけどね)

来週も通常通りの実施です。
ただ、来週はバイクパッキンの週ではないと思います。(不定期です)。

 

明日のsmrについて

明日のsmrは予定通りの実施です。
朝の最低気温が‐2℃!という予報ですが、木曜日~土曜日までは天候が安定していたので路面凍結も予想できる範囲かなと思っています。
日中は日差しがありそうですし、風もそれほどではないようなので気温以上に暖かく感じられると思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

先週もお伝えしたように、トレ班とツーリング班では先頭交代などの志向が違います。
トレーニング班は基本的にロードレースを意識してローテーションという形になります。
ロードのグループトレーニングは通常、「途中までは協調してペースを上げる、途中からはローテーションをしつつどこでペースをさらに上げるか、それとも下げさせるかを各人の戦略のもとに考える」を考えると思います。自分の予想よりもペースが遅ければ周りのメンバーは楽をして走っているかもしれないし、それ以上は頑張れないかもしれない。ペースを上げたほうが良さそうなのか、みんなに合わせて勝負がかかるところまで待つのか?を考えるようなグループのレーストレーニングは周囲の危険性が下がり、さらに緩やかに上りに差し掛かったときにはじまります。(なるべく安全に安全にと考えるとそうなるのです。どこでもやるわけじゃありません。)
トレ班はそのことを意識しつつ、自分の走りのスキルを磨くために走るようにつかってくれればいいかなと思うわけです。
で、ツーリング班はそのような思考で走ってしまうと周りの人もしんどいわけです(笑)。
自分の順番が来たらペースが遅いとばかりにペースを上げていこうとしたりすると、同じように余裕のある人はペースをどんどん上げていこうとするのですが「きつい」と思っている人はなかなか声を出しにくいものなのですよね。
「迷惑かけちゃうんじゃないか?」と。「周りの人はまだ余裕があるに違いない」などと考えているうちに一人旅・・・となるとそのあとのペースはがた落ちです。
イベントライドでそういう形をとっていると、エイドステーションごとにやたら休憩が長くなってしまうのですよね。なるべく一緒に走れる時間を長くとってやることで緊張感を持続させてペースが安定することができます。結果としてグループ全体のペースは速くないけど早くゴールに到着するということが可能にできるようなライドを目指したいなと。そのためのsmrのライドにしていきたいなと思うのです。

と、言うわけで
トレ班の方は僕もなかなか参加できないのでメンバーに出発前に「やること」の提案をしていきます。
ツーリング班のほうはまたしばらく僕がサポートで走ることを考えていますのでどうぞよろしくお願いいたします。

P.S.
近いうちにsmr内で、模擬キャンプライドをやろう!ということになりました。
テント購入メンバーでバイクパッキングでみんなと一緒に峠駐車場まで走り、テントを張って休憩、撤収してみんなと一緒に帰ってくるライドです。
もうすぐバーナーも入荷してくるのでそのあとが良いかなー。
本番は4~5月だとおもうので最低でも月1で練習していくことになると思います。
よろしければ練習しましょう(詳細はご連絡ください)

フレームバッグ&トップチューブバッグ

今日は
ACEPACのトップチューブバッグ(トップチューブ上に取り付けるバッグ)

Porcelain Rocketのフレームバッグ(トップチューブ下:前三角内)
を入荷しました。

Porcelain Rocketのほうはちょうど合うサイズのバイクに装着できずだったのでそのまま写真を撮りましたが…。
「バッグ」という名にふさわしい造りになっています。

これまでトップチューブバッグはよく発売されていたのですが、なかなか食指が動きませんでした。
生地がやわですぐに倒れてしまったり、中身を走行中に取り出しやすいようにするためにふたがしっかりしていなかったり。どちらかというと「走行中に使う」ということを意識していたんだと思います。
今でもトライアスロンバイク用としては出回っていますが、トライアスロン用途としてはまた別の進化を遂げています。(ペダリングに絶対に邪魔しない造りとしてプラスティック製になっているものが増えています)
こちらのモデルはツーリング用途として貴重品やモバイルバッテリーなどを入れておくなどの用途に向いた製品になってきています。
ロールアップ式は容量もさることながら、ドライパック仕様になっていて内部への水の侵入を極力抑えられるようになっていますし、これまでの製品の造りとは全く異なる「バイクパッキング仕様(荷物を入れて使うことが可能)」になってきています。と、いうことでツーリング仕様に限らずもうちょっと工夫をすれば「冬場ロングのトレーニング用途」としてロードレーサー系の方にもお勧めできるかと。フレームバッグのほうはちょっとボトルが取り出しにくいことになってしまいますが。

ここのところ、僕が乗っているバイクの仕様。冬場はほぼこれで行く予定です。
フレームバッグを取り付けるとだいたいこんな感じになります。
夏場は汗がたらたらと垂れてしまう箇所かなーとは思いますが、冬場はウェアの替えを持っていけるのでロングトレーニングにもおすすめです。
例えば休憩場所でアンダーウェアを着替えてしまうこともできますし、昼食のお店に入るときにカギをもっていくのも躊躇しなくなりますし、暖かくなって不要になったグローブや、ウィンドブレーカーも収納可能。
背中のポケットに入れておくと「びしょびしょ」になってしまうスマートフォンなど用途が実に多彩なのが魅力です。空気抵抗にあまり影響なく、ダンシングでバッグが揺れない場所なのがトレーニング向き。
唯一ボトルがちょっと取り出しにくいということはありますが(苦笑)。

と、いうことでお勧め実物を置いておきましたのでぜひご覧くださいませ。

本日のsmr & バックパッキング進行中

本日のsmrは9名の参加でした。やはり強烈な寒さでずっとウィンドブレーカーを着っぱなしでした。
gruppo bici-okadamanのウィンドベストも持って行ったのですが腕を出してしまうと寒いので今日は長袖のウィンドブレーカーのまま。どうしても風を巻き込んでしまうのでぼくはウィンドブレーカーが苦手なんですよね。身長が大きい分風を受ける断面積も大きいですからね。本当は寒さを我慢したいところですが…(笑)。
今日はツーリング班が3名でしたのでグループを崩すことなく常にまとまって走る方法を選択しました。人数が少ないグループの場合、「先に行って待ってるよ」というやり方をしてしまうと思ったよりもペースがあがりません。僕が普段ツーリング班でなるべく後ろのメンバーのサポートをするのも同じ理由で、小グループはペースが下がるのが基本です。走力がなくても他人と走ることに慣れている人はグループライドでは走力があっても他人と走ることに慣れていない人よりハイペースをキープできるのです。そしてグループライドは机上で習うこと(単独で練習すること)よりもやってみること(グループに入ってみること)の方が重要なんですよね。僕らでもしばらくレースの集団走を走っていないとなかなか集団内でキープするのが難しく感じることがあります。実際に走ってみて慣れること、わからないことがあればどんどん聞いてくださいってことです(笑)
峠駐車場で他のグループの仲間がいたので今日は登らずに下で待っているようにしました。これからの自転車ネタの話が多かったかな?

さて、今日の写真は

バイクパッキングのバッグの注文をいただいていたのが到着しましたので、展示車のWilier Monte Grappa Disk に装着してみましたの図。
ACEPACというチェコのブランドのモノ。
春先にテント泊のツーリングを計画中と言うことで、どんなバッグがいるだろうねと色々とチェックしてたどりついたのですが、フロントバッグ類は本来はMTB系に合わせた方が正解の横幅でした。
ロード用にもう少し幅が無いモデルがあると嬉しいな。(シクロクロスに装着なのでぎりぎり収まりそうですが)
ただ、この手のバッグ類は僕も装着していますが、既製品のモノがポン付けできるブランドはそれほど多くなさそうです。
ご自分のバイクに合わせてカスタムすることも必要になりそうですし、使っていくうちに取捨選択もしなくてはいけないのかなと言うことはおつたえしました。

そういうことも合わせて楽しむのがバイクパッキングと言えそうですねと。
restrapのフレームバッグも装着できるかなと思たのですがバイクフレームとサイズが合わなかったのでそちらは装着できず。
また入荷してきたら紹介したいと思います。

 

僕が使用しているバッグ類・・・。

年末年始の予定表をbici-okadamanのページにアップしておきましたのでどうぞご覧くださいませ。

今朝はどうも風花?が舞っていたようです。寒かったのとパラパラ降ってくるのが気になって近場でコーヒーライドにしておきましたが・・・そろそろ真面目にお湯を沸かして珈琲入れて飲んでくる(あるいはカップラーメン食べる)位の事はやろうかと思ってます(笑)。ちゃんと食生活しっかりしなさいと怒られそうですが…。

バイクパッキングがブームになってきています。
僕も普段はトップチューブバッグとサドルバッグのフレームだけは付けて走っていますが、これ良いですよ。

トップチューブ下バッグは最初、股に擦れることを気にしたのですが杞憂でした。
多分、昔ならば擦っていたと思います。「膝をトップチューブにこすりつけるようにペダリングしろ」と言われていた世代です。
ここは意識で治りました、もともと違和感持っていましたので。
トップチューブ下バッグの魅力は「空気抵抗に邪魔にならない事」ですね。なので走っている時に気になることがありません。
平日はほぼトレーニングレベルでしか走りませんが、気になることがないのでつけっぱなしです。
普段はウィンドブレーカーや財布・携帯などもちょうどいいなと思っています。鍵なども取り出しやすくて良いです。

サドルバッグは容量の大きさが魅力的です。
カーボンフレームやカーボンシートポストでは許容範囲外の荷重を気にしたくなるところですが、今はツーリングも見据えたグラベルロードです。
そしてシートポストにTomsonでまぁ大丈夫でしょう。
フレーム付+ドライバッグを突っ込む仕様なので不要な時はフレームだけ残すこともできますし、フレームも台座だけ残して簡単に取り外せるのでそれはそれで。
ベルト+マジックテープ仕様のサドルバッグもありますから使いたいときだけ付けるので充分かなと思いました。
キャンプライドをするときはここへテントを収納する予定にしていますが。←結局、来年にしました。

フロントバッグもありますが、そちらはシュラフを巻き付けるように取り付けるのとハンドルに干渉するので普段は取り外しますね。
乗ることに集中したいのであればキャリア+パニアの方がハンドルポジションを邪魔しないので良いかもしれないな・・・というのが今のところの感想です。

と、言うことでバイクパッキングも猛烈に調査中です。
一緒になって楽しんでくれる人募集中です(笑)。