フロントシングル化(リアディレーラーの対応)

今日はH君のバイクをフロントシングル化しました。
実業団レースチャレンジ2年目に入った彼ですが、高校時代はピストのほうが性にあっていたようでロードの変速に「苦手感」を持っているようです。登りでアウター→インナー変速をした後、あるいは上り切った後のインナー→アウターへの切り替えがうまくいっていないとは感じていたようなのでフロントシングル化を提案してみたところ、第1号でのチャレンジとなりました。


こちらはすでに僕のほうでテスト済みだった組み合わせで、WOLFTOOTHのフロントシングル48T、シマノRD-6800SSでリアキャパシティが<28TまでなのでWOLFTOOTHロードリンクを用いて調整しています。
ギア構成はメインをF48/R11-30(ギア比4.36~1.6)にしています。
この組み合わせは僕が大学時代に使用していた53-39/12-25(ギア比4.42~1.56)のギア構成を参考にしています。もう20年くらい前のことではありますが、当時は日本のトップレースシーンでもほぼこのギアでした。
トップギア(もっとも重いギア)に関してはリア10S時代になってからリア11Tのギアが登場し、11S時代になってからはいわゆるコンパクトギアですら50/11(ギア比4.55)と言うギアが入るようになってしまいました。
つまり、今の一般のフロント2枚のギア比構成は「軽い」と思われているコンパクトギアですら、20年前よりも重くなってしまっているのです。
と、言うことで48/11(ギア比4.36)とわざと軽めの構成でトップギアを決めています。リア30Tにすることで39/23(1.70)と39/25(1.56)の間にくるギアまでを確保しています。
今のロードレースシーンでもこのくらいのギア比の幅があればほとんどのコースは対応できると思います。斜度が強く長いコースの時には11-34 などを用いれば足りるという計算ですね。
まぁこれは「ロードレース」への対応を考えたときの方法です。


もうひとつ、今日入荷してきたWOLFTOOTHのロードリンクDM(下の部品)です。
これはシマノR9100 &R8000シリーズになって変わった「ダイレクトマウント対応リアディレーラー用」のキャパシティ延長化キットなんですよ。
上の部品と入れ替えて取り付けをするわけですが、・・・なるほど、いくつか異なる部分が見えてきたという感じです。
取付の際にはテンションボルト調整が必須ですがきちんと動作しています。
見た目もスマートになりましたよ。

さて、僕のほうはもう少しギア比を下げて46/11-32にしています。
そうすることによって普段使用するリアのギア比が重い側にうつってきます。これで平地部分でのクロスレシオ化ができることになるんですよね。
実は、レースでもめったに使っているかわからないギアなのでいったん外してみようと思ったのです。
この辺は計算で確認できますし、例えばSTRAVAに速度とケイデンスのデータがあれば実際にどこまでのギアを現状使っているかわかるので、ギア比の幅をコントロールできるフロントシングルのメリットを再確認してみようということですね。

フロントシングル化へのノウハウをソフト・ハード両方ともにサポートできるようになってきました。

シングル化テスト中(今の組み合わせはあと1週間)

今日もロードバイクのフロントシングル化テストのライドに行ってきました。

今日のギア比も48/11‐32。
フロントシングルは走行時のギア数が1/2の11枚となってしまうかわりに、走行前のギア比の選択の自由度が高くなっています。
今僕がテストしているのは主に登録クラス~市民レーサー向けのギア比。
リア10速(12~25)、フロントがノーマル(コンパクトに対して)53/39を参考にしてギア比を決めています。
僕のレベルだとトップギアはもう少し低くても問題ないですね。下り坂でも使わないし、トップスピードに乗っても使う必要性がなさそうです。
46/11-32か11-30というギアを考えています。
この辺はギア比テーブルを作って考えてみると良いのですが、その一例をあげておきます。

実はこんなに重いギアいらないなーと思い始めてはいます。
次回のテストは46ギアの投入かな。48Tは実業団E3を走る子が引き続きテストする予定です。

フロントシングルの可能性がわかりますか?
いやいやいや・・・という方も含めてどうぞご相談・雑談いらしてくださいませ(笑)。

使いやすいギア比?

ロードバイクのフロントシングル化テスト継続中です。
今日はきちんと登りも走ってきました(笑)。
そう、登れるか?ローギアのほうもちゃんと使えるか?はちょっと懸念事項だったのですが全く問題ありませんでした。
十分使える組み合わせだねと。
Sramのほうはちゃんと1×用のリアディレーラーも揃っていますし、レバーが何といっても専用品でてますからね。フロントシングル化はシマノのほうがちょっと難しいです(笑)。

だいぶノウハウも吸収できました。
今日の僕のギア比は48/11-32という組み合わせでした。
単独走だと平地で少しワイドなギア差のところに入ってしまい、もうちょっとギアの差がくっついていて欲しいなと思ったのですが
調べてみたら2つの選択肢があってどちらも悩ましい・・・問題でした(笑)。
むしろ2×11のときよりもギア比が近いところを使って走っているようなので「欲が出た」だけかもしれませんが…。

フロントシングルが完成車仕様で広まるかはちょっと微妙なところがありますね。
どちらかというと、フロントシングルはあくまで「カスタム化」や「フィッティング」の範疇に入ってくるかもしれません。

WOLFTOOTH ロードリンク

フロントシングル化に向けては本来いくつかののセットをトータルでセッティングしないと最大効果を発揮しない可能性があります。
例えば今あるフロント2枚のチェーンリングの1枚を外して、フロントディレーラーを外してできるようになるかといわれると「できません」。
これは実際に経験済みなんですが、フロント変速がある用のチェーンリングの歯はそれ専用に「変速しやすい≒チェーンが脱落しやすい」ようにできています。フロントディレーラーを外してみたら、もうえらいことになりました(苦笑)。フロントシングルは1枚歯専用のチェーンリングが用意されるようになったからフロントディレーラーやチェーンガイドを使わなくてもできるようになったんですね。

さて、現時点でシマノ製品には「フロントシングル専用」がありません。
フロントシングルにするためには「リアをワイドに」する必要もあります。シマノ製品のキャパシティより大きなギアを付ける必要もあるのです。
デュラエース(R9100 )のリアの最大歯は30Tですが、僕の計算では32~36Tというさらに大きなギア比が必要になるケースがありました。
と、言うことで。
WOLFTOOTHからはこういうパーツが出ています。
ロードリンク。

こうやって使います。
リアエンドの延長パーツと考えてもらえば良いかな。
構造上あまりエンド部品が丈夫でないと向かないかもしれません・・・が、リア側のギアをより「大きい=軽い」ものにしたい場合には有効なパーツだと思います。
つまりフロントシングル以外でも有効な手ではありますよ。

最も余裕のなかった32T(キャパシティ外)でもきちんと余裕をもって対応することができるようになりました。
ただ、実戦投入していないので、今のところはとりあえず「ベンチテストは上手く行きました」というところです。
※WOLFTOOTHは本来はR9100シリーズにはロードリンクではなく、別部品を投入するように言っています。そちらは後日入荷するのでとりあえず動作確認が主なんですが、こんな感じになりますよと言うことで。

シマノは本来はフロントシングルの考え方をしていないのでどうしても難しい部分が出てきますが、サードパーティ製品の工夫で完璧とは言えなくても使えるレベルにはなりそうかなと。
フロントシングル化はこれ以外にも対処の方法がありますのでご相談くださいませ。

今週後半の作業~

今週後半はオーバーホール作業他が入っていますのでオーバーホール作業の予約をいただいたら来週以降になります~。
そろそろ暖かくなって本格的にシーズンも始まりますので作業の予約はお早めにお願いします。

と、言うことで僕の予定していた作業もちょっと先に実施しました。
フロントシングル(1×11)のスプロケットを入れ替えました。48/11-32の仕様です。
僕が狙っている仕様そのものです。これでほぼ僕が学生時代に走っていた時の仕様と同じギアの幅を確保しています。
当時は53-39/12-23あるいは12-25という仕様でした(リア8-9s時代かな?)。
今の11Sは11-28という仕様がほとんどです。(さらに大きな11-32というものもあります。より軽いギアが入りますよ坂が大変という方はぜひご相談ください)
実はこれには意味があります。今でも12-25という仕様がありまして、細かく変速ができていいように思うのですが・・・フロント変速をしようとするとリア変速を調整するギア数が増えてしまうという悪影響がでるようになっています。リアの変速を細かく細かくがこれまでのパーツメーカーの方針(多段化、クロスレシオ化)だったのですが、フロント変速と相性が良くないのが原因で少しずつ淘汰され始めていますね。
図だけ乗っけておきますのでご想像ください(笑)。


縦軸がギア比、横軸がリアのギア位置。(ギア比が小さいほうが軽いギア)
左:50-34/12-25  右:50-34/11-28
黒がフロント変速をした時のリア変速の調整分です。

さて、フロントシングルのメリットはこう言うことも可能です。

重たいギアいらないよねー(笑)。
実際に使っていないギアあるよねーという方はぜひご相談ください。

フロントシングル導入後(ライド2回目)

今日は今つけている48T/11-28Tというギア比でカバーできそうな上りを走ろうということでコースを選んで走ってきました。

4.5㎞、平均斜度が5%、後半1㎞ちょっとが9%くらいかな?
普段いかない場所の上りなので走行本数が少ない中ではありますが、そこそこのラップ(なぜか自己ベスト)で走れていました。
簡易舗装あり、急な斜度変化も多いのですが、チェーン落ちは全く気配もなかったです。
これはもう勧めても大丈夫なレベルだね。あとはギア比が問題です。
とりあえず、11-32を現状でキャパシティーオーバーになりますが投入してみたいと思います。
できてしまうようだと、これまで使っている人でも安上がりに変更が可能です。
できなければ当然工夫が必要です。いくつか腹案がありますがどの組み合わせがベストか試してみたいと思います。

今のところの結論:キャパシティオーバーじゃなければシマノでもフロントシングルは行ける(ようだ)。

もうちょっと続きます。

ロード×フロントシングル化(テスト開始します)

風さえなければ暖かい1日なんですけどね。
ようやく作業をしまして、ロードバイクのフロントシングル化の作業をしました。
僕のフロントシングル化志向のツイートなどを聞きつけてAlternative Bicyclesの北澤さんからWOLFTOOTHロード用ナローシングルを使ってみませんかというお話をいただきました。

デザインは違和感ありまくりですね(w
僕は通常のロードと遜色なく使用できる組み合わせを模索するために48Tを選択しました。
48×11-32の組み合わせで 52/38 12-25(10S時代の組み合わせ)とほぼ同じにすることを考えました。
11-36というギアをリアがわで使えば12-28に対応します。
実はリア11S時代になってからは11-28というギアが主力として売れるようになったのですが、僕の場合トップギアがほぼ無用の長物と化していたのです。
学生時代に競技をやっていたころはF53/39 R12-25というギア比が主力でした。11s時代になってなぜかこれより重いギアが標準化されてしまっています。
いわゆる一般サイクリストでも50-11ギアがトップに入ります。計算上では53/12<50/11です。さすがにいらないよねと言うことで。

うーん、撮り方は工夫しないといけないね。
これまでのギア板に比べると小ぶりになり、ちょっと線も細くなってしましましたが実用性で考えましょう。


暫定版なのでフロントシフター(STI)はそのまま残してシフトケーブルだけバーテープ下から出てきた部分をカットしました。
今のところ完全な仕様を作るとすると、SRAM 1×シリーズを使うほうが正解です。
今回はシマノでもきちんと動くか?をテストにしているのでこれでまずはスタートします。

月曜日から実走行スタートします。

ロード向けフロントシングルを準備します。

ここのところ、フロントシングル向けにあれこれ発信していましたらとあるオファーがありましたので…。
すでにNINERのほうはSRAM RIVAL1でフロントシングル仕様にしていますが、SCOTT ADDICTのほうもフロントシングル化することになりました。

上のFDなしを…。

下のバイクにも導入してみることになりました。


今回は少し期間限定になります。
提供を受けるギアが楕円チェーンリングでないので「楕円チェーンリング愛用中」の僕はちょっとそこが残念(笑)と言うことで。
僕が今回テストをするの後述の理由からなんですが、問題なければそのあと、真円ユーザーで興味津々のお客様がレース本番でも使えるかの継続テストをしてくれることになりそうです。

今回のテスト理由はシマノのリアディレーラーでも行けるの?というところが大きいです。
フロントシングルは実はもともとテストをしたことがありまして「チェーンがフロント側で脱落しやすい」という問題を解消できませんでした。
結局フロントディレーラーを脱線防止ガイドにしてなんとか使えるようにした経緯があります。
それを解消したのがチェーンリングの「ナローワイド」という歯なのですが、実はリアのディレーラーにももうひとつ解消に欠かせないものがあるんですよね。
それがリアディレーラーの「スプリングテンション」でSRAM 1×系は2×系と別の専用のリアディレーラーを持っているんです。
シマノはロードで1×用を出していないので2×用でそのままいけるか?が実験していないので疑問なのです。

その話をしていたところ、じゃぁテストしてみてくださいと思っていただけたのか?のオファーなんですよね。
僕個人としてはロードのフロントシングル化はレース現場でもありだと思っていますし、特にトライアスロンやTTバイクでは有効だと思っています。
トライアスロンの場合、発売されているロードギア比が適正なギア比になる人はかなり少ないと思っています。もっとトップが低いギア比で良いはずです。(使わないギアが入っている)
そしてどこで変速がはじまるかわからないFDのシンクロシフトがカットできるのもメリットです。シンクロシフトは入れたほうがいいのですが)
これがうまくいくようならTTバイクのDi2勢にとっては福音ですよ。
かなり余分な出費が抑えられて、なおかつシンクロシフトのわずらわしさから解放されます。