CINELLI(ディスクロード)

イタリアのブランドでありながらプロレースに見向きもしないで独自路線を言っていたCINELLI(チネリ)。どうやらレースの世界にも復帰するようなんですが、イタリアには珍しいディスクロード路線をいち早く導入しているブランドでもあります。

Cinelli semper disc

センパーディスク(日本限定カラー)入荷しました。

メーカー価格だけ書いておきまーす。¥195,000+tax
105完成車、機械式ディスク(TRP SPYRE-C)、フラットマウント、12㎜スルー
という構成です。機械式ディスクですが、両側ピストン仕様ですし、効きに関しては申し分なさそうです。その他はディスクブレーキ上位機種とほぼ同じ構成ですね。

以前、イクスペリエンスと言うアルミロードで一世を風靡した「イタリアンホワイト」カラーですが、当時のカラーとはちょっと微妙に違います(笑)。

コミューターロードとしてもお勧めです。

コミューターって??という感じですが、通勤ロードや日常生活の中でガンガン使ってくださいって感じです。1泊2日のロングツーリングや、もちろんトレーニング用途も良いです。「がんがん使ってね」って仕様なんです。
SEMPERの特徴は
・30c幅のタイヤが装着可能なこと。
・泥除けを装着可能なこと(タイヤは28Cまで大丈夫です)。
・キャリア用のダボ穴が装着されていること
・ディスクロードであること(スルーアクスル+機械式ディスク)

ここまで揃っていて195,000円!(+taxだけど・・・)
当然ですが、普通のロードです。しっかりと走りますよ。
初心者のかたの最初の1台から、ベテランサイクリストの日常用途まで自在に使っていただける確信の1台です。



SCOTT FOIL DISC 20 シルバー

今週末、SCOTT FOIL DISC(20) の店頭展示やります。
SCOTTが誇るエアロロード、FOILのディスクブレーキ版です。

始めは完全に組み上げてからにしようかと思っていたんですが、実はメーカーのほうにも在庫がかなり少なくなってしまっているんです。
たぶん、数を絞って入荷させている様子なんですよね。と、言うことで慌てて見せるだけ仕様で作業をしたしだいです。

FOIL DISCは実際に実戦投入をすませていますが、エースがイエーツ兄弟+チャベスと言うことで登り型のオールラウンダーでもあり、そちらでの実戦投入がなかったので目立ちませんでした。
FOIL DISCはFOILをベースにしてディスクブレーキ版になっていますが、オーソドックスな造りの部分とディスクロードによって予想される影響への対応が進んでいる部分がきちんとなされている印象です。
今、エアロロードは、「ケーブルフル内臓化」という方向性で突き進んでいるブランドも多いのですが、SCOTTはその部分については対応が旧来の形です。
フル内臓化は基本的にはDI2(電子シフター)仕様のみですし、油圧ケーブルをハンドルからフレームへ通すということになってしまうと、ハンドル・ステム交換が非常に厄介で・・・ステム長が交換できない、ハンドル高さが変更できないという恐ろしいバイクになります。
対応できるブランド・・・はごく一部?そこまで整備性を下げる必要ないと思いますけどね。
逆に、ワイドリム・ワイドタイヤ化に対するSCOTTの対応はとても早く、FOIL DISCはすでに28Cが標準、30CがオプションでOKという感じ。
これまでも説明してきたのですが、将来的にはタイヤ幅が「ロードレーサーも28C」となる可能性がありますからここはうれしい対応ですよ。

と、・・・・取り急ぎ展示してますのでどうぞご確認ください。

SCOTT SPEEDSTER DISC

SCOTT SPEEDSTER10 DISC(メーカー195,000円税抜が入荷してきました。
アルミフレームのロードバイクですが、ディスクブレーキ版です。(前回はリムブレーキ版でした)
ディスクブレーキモデルも各グレードが出ています。ご予算に合わせて選ばれると良いかと思います。

シマノ105の油圧ディスクを搭載しているモデルです。このクラスは機械式(ワイヤーで引っ張るタイプ)、本体油圧式(ワイヤーで引っ張るけど本体は油圧)、油圧式の3タイプのディスクブレーキが混在しています。
基本的には制動力は一緒になるんですが、レバー比とワイヤーの抵抗の2つの関係で「油圧式の方がブレーキの引きが軽い」という特徴があります。
なので、特に女性向きとも言われているんですよ。

今年はデザイン一新ですね。SCOTTってどこに書いてあるかと思うとフレームの下にかいてあります(笑)。
完成車の時点でタイヤサイズが32Cと呼ばれる、これまでのクロスバイクよりもタイヤが太いぐらいですが、今後はこのサイズも装着できるのがベーシックグレードのロードバイクのお約束でしょう。
ここまで装着できると、本格的にレースに使いたいという人には不満もでますが、トレーニングやロングライド、それよりなにより街乗りやポタリングにはちょうどいい太さだからです。
とくに初めてロードバイクを購入される方は、本格的にスポーツとして乗りたいのか、気持ちよく走れれば良しと思うようになるのかどちらに向かうかご自分でもわからない方もおられます。
それに合わせて、アルミロードってどんどん「レース仕様」から離れていっているんですよね。
レース仕様のバイクもそれを追っかけるようにして「快適性」を求めているバイクが増えましたが。

スピード重視と言う方は、タイヤを25C~28Cくらいにしましょう。
それもちょっと良いタイヤを。
25Cよりは28Cの方がパンクリスクは低いです。エアボリュームが多いから。通常走行中に一番多いパンクのリスクは、溝などの路面の亀裂、橋や路面の継ぎ接ぎなどの段差が多いです。
普段は腰を浮かせて身体でサスペンション代わりになって地面から伝わる衝撃をにがしますが、うっかりできないときのパンクが多い。
だから、タイヤサイズのアップが有効です。

2018/12/11 ツーリング組のsmr

smrの冬活用についてちょこちょこと書き始めました。前回はケイデンス練習やろう、みたいな。あと、トライアスロン部。

ツーリング組の活用がちょっと難しいです。
8時集合で11時帰着だと、「どこかによって休憩して食べて帰ろう!」が難しいんですよね。
どこもまだ開いていない・・・(苦笑)。

コース途中はちょっと厳しいなと思うので蓮華寺池か・・・もしくは岡部。
峠の駐車場でさきに折り返して寄っていくという手はどうかな?
10時15分くらいにはお店開いているのかな?
それなら寄り道可能な気がします。

今のところ、ツーリング組は「ツーリングの練習」という形です。
ツーリングでも「グループで走る」はとても重要です。
例えばロングライドイベントを1人で走り切るのって意外とつらいです。(特に初心者にとって)
ペース配分もそうなんですが、グループライドで走るほうが「楽に」「速いペースで」走行が可能です。
「列走行が怖い」と言うことも、実地で練習しないと解決しない問題です。ロングライドのイベントでは周りに同じライダーがいるということも。周りのライダーが敵になってしまうのか、味方になってくれるのか。
そういったことを少しずつ解決していきましょうと言うのが、smrのツーリング組・・・のはずなんですよね(笑)。
始めは前のライダーがなにをしてもよけられると思う距離で(それが何mかは言いませんが)離れて走っていても大丈夫。少しずつ前のライダーの動き、その前の状況がわかってくれば「空気抵抗の低減」を受けられる距離で安全に走ることは可能です。
初めての参加のライダーがいるときは、注意や励ましが必要だと思ったら声が掛けられる位置を必ずサポートするように心がけています。

まぁ、そんなわけで、グループライドデビューしてみたい方は、ぜひ声をかけてくださいませ。
仲間を増やすことがグループライドを楽しく走るコツ・・・なのかなとは思いますけどね。
smrの参加に関してはほぼ自由参加です。(初回だけbici-okadamanにご連絡くださいと言うことをお願いしています。)

※基本的に休憩場所はトレーニング組もツーリング組も同じ場所。(コースの距離は違います)
※トレーニング組もツーリング組も組の移動はその日の気分でOKです。

GT STOMPER ACE26

KId’s MTB のGT STOMPER ACE 26組み立てました。

ロードが中心だったり、昔にMTB持ってたよなんて人からすると、26インチMTBは普通にあるものと思うかもしれませんが、今のMTB規格の中心は車輪径が大きくなっています。
27.5インチだったり、29インチだったり。Kid’s用でも本格的に競技に使用されることを前提にしているものは27.5(650B)が多いですね。つまり、26インチって見慣れているようですでに少ない機種になってきてて、僕も見た瞬間に「24インチが来ちゃったのか?」と焦りました・・・(笑)。

改めて見るとSTOMPER ACE は競技とかそういうことではない日常からのMTB遊び用なんだなと思いました。
26インチである必要性って、バイクの大きさに関係します。27.5は車輪径がこれよりも数㎝大きくなりますから乗れる身長ももう少し上になってしまうし、そこまで待てる?って話もありますよね。(中学生からなんであんな規定になってしまうんでしょう。自由でいいのに)ちなみに、競技やトレイルなどで本格的に遊ぶためにはハンドル幅がわざと狭くしてあったりするので入門用MTBとして考えてもらうと良いと思います。あと、ちょっとしたことなんですが、はじめからスタンドが付いていました。普段用として使うためにはスタンドが必須というご家庭のほうが多いですよね。ディスクブレーキ対応のスタンドには頭を悩ませることが多いのでとりあえずは一安心なのでした。

Vブレーキ仕様もあるのですが、個人的にはディスクブレーキ仕様のほうがブレーキ力やメンテナンス性を考えると良いんじゃないのかなぁと思います。
Vブレーキは長く使用してブレーキが減ってくると片効き(片方のブレーキシューだけが当たってリムを横押ししたり、片面だけひっついてしまったり)がしやすくて調整がかなり頻繁になるように思っています。
あとはタイヤサイズの問題。ディスクブレーキのほうがより太いタイヤが使えるからどこでも走って行ってしまう子供さん向けとしてはパンクリスクを下げられて良いんじゃないかと。

後はやっぱり走らせる場所を考えて上げないといけないですよねぇ・・・(苦笑)。

Burleyから牽引式カーゴトレーラー

牽引式子供載せなどで取扱いをしているBurleyから新型の1輪。
興味津々でございます。
COHO XC (¥79,800+tax)

展示会(兼試乗会)の時にあったので存在は知っていました。カーゴスペースとサイドにパニアバッグが取り付け可能です。
オプションキットも豊富でどんなバイクでも固定可能だと思います。格納時は中央のカーゴ部分にひとまとめになります。
ぜひ、これでキャンプライドに行って欲しい!

一輪タイプのほかにも本当は二輪タイプのものがあるんですよね。
二輪タイプは安定感優先。転倒に強く、自転車のほうも転びにくくなります。
一輪タイプは軽快さを優先でしょう。グラベルロードでのキャンプのお供にバイクパッキングで行くか、これを引っ張っていくかいろんな選択肢が生まれてきて面白そうです。