明日のsmr-2月3日予定

(19/02/02)
明日のsmrは通常通りの実施です。
・8:00 bici-okadaman 集合 -11:00帰着予定です。
・距離はトレーニング組が65㎞前後、ツーリング組が55㎞前後になります。
 (トレーニング組が途中で周回を回る設定になりました)

smrの休憩場所~(イメージ図です)

お待ちしております。

今日はトラ女子組メンバーと話をしたんですが、まだまだマラソンシーズンなので・・・なかなか参加が難しいみたいですが、もうちょっとしたら参加するので~とのことでした。

2018/12/16 本日のsmr 報告

今日も無事に終了しました。

今日のsmrは10名の参加、Team IRC ユーラシアの鈴木史竜選手が久しぶりに参加してくれてのライドになりました。トレーニング組が7名でツーリング組が3名。史竜選手、事情あってツーリング組での参加でした。

トレーニング組は実力差も考慮して4人-3人で。
僕はツーリング組の方に入って・・・ペースの抑え役(笑)でしたが、蔵田の登りは史竜選手に先に行ってもらって写真を撮ってもらおうと・・・失敗。
Uターンして、ツーリング組を回収サポート~と思ったらトレーニング組が来た。トレーニング組の一番後ろを史竜選手に行ってもらい、僕は最後のところで写真を撮ってました。


帰路はグループ再編成

蔵田は風もなくてとても走りやすくて今日は良かったですね。
帰路はちょっとメンバーの編成をし直しして、最後はオジサンメンバー3名がしんがりで帰ってきました。むしろオジサンメンバーが揃ったほうが走るの楽ですねー(笑)。

とらいあすろん部?も走りましたよ。

バイク~ランのトランジットから2㎞程度を想定してのラン練習も始めました。
2㎞にすると長くても15分くらい。ちょっと早めに送り出せばタイムラグなしにみんなで帰着の休憩ができます。2㎞の理由は、「切り替えをイメージする」です。ラン単体の練習はまた別なんです。バイク~ランの切り替えがスムースに行くかどうかがトライアスロンのランパート入口の重要なことなのですよね。

来週はとらいあすろん部のメンバーが増える予定です。

来週も通常通りの実施予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。

2018/12/15 明日のsmr について(12月16日予定)

明日のsmrについてのご連絡です。天候が午前中「雨が降るかもしれないけど曇りだよ」というのがyahoo天気さんの予報です。
時間中20-30%程度の降水確率ですので当たらないことを祈りましょう(笑)。
通常通り、雨天以外は決行です。

※トラ部を自認するかたはランシューもご持参で。(2㎞くらい走るところからスタートです)

例年、春先までは風が強い時期が続きます。寒さ対策には「休憩時間の風対策」も考えると良いと思います。
おもにウィンドベスト・ウィンドブレーカーですが、タイツにも防風素材のものがありますからご相談ください。
gruppo bici-okadamanジャージでは「ウィンドベスト」のみ製作しました。
この理由は、風の巻き込みの少なさ、なんです。
防風素材は基本的に風をストップさせるための素材なので空気抵抗が悪いです(笑)。防風素材はもうひとつ伸縮性に欠けるものがおおい、あるいは伸縮性が強い(引っ張られる)素材がおおいですね。腕のところでウェアがパタパタすると空気抵抗が大きくなりすぎて向かい風で前に進まないなんてことも…。
と、言うわけで。

もう一つ、smrでは「強風のため中止」は原則としてありません(暴風警報が出るのであれば中止にしますが)。
雨天中止にしている理由でも書きましたが、自転車(ロード)は通常の雨天、風であればどのイベントであれ実施します。
風については、スタート時には吹いていなくてもゴールに近づくにつれて強風が吹く、あるいは谷風や山おろしみたいな風が局地的に吹いていることもあります。
つまり、ロードにのるのであれば風に慣れておくことは大事かなと思うわけで。
天候が厳しそうで、自分には無理だなーと言うときは自主参加の特権をいかして「お休み」でも良いですが、走るのが不安であれば僕にお伝えください。サポートしますよ。
と、言うことで、いつでもsmr参加は募集中です。

どうぞよろしくお願いいたします。

店舗前の駐輪スタンドの使い方。ご自由にお使いください。

ロードバイクでのコーナー練習(smrで伝えていることについて)

smr、あるいはgruppo bici-okadamanでは、下りが苦手だよーというメンバーには特に最初の時は前後のどちらかについていつでもアドバイスできるように・・・と思っています。
完璧じゃないので、あくまで助言だけですけどね、声も届くとき届かないときがありますし。

慣れてきたら、お願いしていることが「カーブは原則左側走行を守ってね」と言うこと。
左端をと言うと厳密に守るのが大変なコーナーも多いのですが、「アウト~イン~アウトを日常的に練習しないでね」と言うことなんです。
右コーナーは「インを突かないように」
左コーナーは「入口・出口でアウトへラインを取らないように」
一般道はサーキットではないのでやる必要性があまりないんです。(まぁ道交法的にもそうなんですが)

普段からアウト~イン~アウトという練習をすると、走行ライン上はコーナーの曲率が緩くなってしまいます。
車がでてこない、サーキットで単独走行をしているのであれば、曲率を緩くまわったほうが安全です。アウトインアウトで良いでしょう。
でも、一般道はそうはいかないですよね。対向車もいますし。
さらに、ロードレースの現場でも「アウトインアウトをするわけにはいかない」事情がありますよね。隣に別のライダーがいます。
「通れるラインを通る」というのがロードバイクの鉄則かと思います。
右コーナーの場合、左側走行を守るとアウト~アウト~アウトというラインになりますが、アウト~イン~アウトの方が確かに速い。けど、曲率がゆるくなるので練習の意味がないです(笑)。
普段から走っている道であれば、曲率を緩く走って練習の意味をなくすことはないですよね。
左コーナーは、左側走行を守ると、イン~イン~インなので曲率が厳しいです。そのほうが練習になります。

一般道、レースでもなければ速く走る必要はあまりありません。
左側走行順守だけでもちょっと練習した気分になります。(実際に内側へ入る(右)、外側へ出る(左)ほうが楽ですよ。)
ある程度、慣れて走れる人が前提ですが、大前提は「安全に」です。(路肩に砂が浮いているなどのことも頭に置いておきましょう。わざわざ乗ることはありません)

普段の一般道。なかなか右折をさせてくれる場所も(自転車には)ないのですが、右左折でも同じことを意識すれば、安全にかつ(ゆっくりながら)コーナーの練習ができます。
あくまで左側キープです。
つまり、
左折は小回り(切り返しをしない)
右折(直角コーナー)は大回り(インに入らない)。
これは、自動車の運転でも同じことですが、右折大回り(内側へ入ってくる)ケースが多いですよね。店の前はT字路ですが、そういうドライバーのどれだけ多いことか。

まずは、基本と思って走ってみてください。
始めはゆっくりでいいので。

2018/12/11 ツーリング組のsmr

smrの冬活用についてちょこちょこと書き始めました。前回はケイデンス練習やろう、みたいな。あと、トライアスロン部。

ツーリング組の活用がちょっと難しいです。
8時集合で11時帰着だと、「どこかによって休憩して食べて帰ろう!」が難しいんですよね。
どこもまだ開いていない・・・(苦笑)。

コース途中はちょっと厳しいなと思うので蓮華寺池か・・・もしくは岡部。
峠の駐車場でさきに折り返して寄っていくという手はどうかな?
10時15分くらいにはお店開いているのかな?
それなら寄り道可能な気がします。

今のところ、ツーリング組は「ツーリングの練習」という形です。
ツーリングでも「グループで走る」はとても重要です。
例えばロングライドイベントを1人で走り切るのって意外とつらいです。(特に初心者にとって)
ペース配分もそうなんですが、グループライドで走るほうが「楽に」「速いペースで」走行が可能です。
「列走行が怖い」と言うことも、実地で練習しないと解決しない問題です。ロングライドのイベントでは周りに同じライダーがいるということも。周りのライダーが敵になってしまうのか、味方になってくれるのか。
そういったことを少しずつ解決していきましょうと言うのが、smrのツーリング組・・・のはずなんですよね(笑)。
始めは前のライダーがなにをしてもよけられると思う距離で(それが何mかは言いませんが)離れて走っていても大丈夫。少しずつ前のライダーの動き、その前の状況がわかってくれば「空気抵抗の低減」を受けられる距離で安全に走ることは可能です。
初めての参加のライダーがいるときは、注意や励ましが必要だと思ったら声が掛けられる位置を必ずサポートするように心がけています。

まぁ、そんなわけで、グループライドデビューしてみたい方は、ぜひ声をかけてくださいませ。
仲間を増やすことがグループライドを楽しく走るコツ・・・なのかなとは思いますけどね。
smrの参加に関してはほぼ自由参加です。(初回だけbici-okadamanにご連絡くださいと言うことをお願いしています。)

※基本的に休憩場所はトレーニング組もツーリング組も同じ場所。(コースの距離は違います)
※トレーニング組もツーリング組も組の移動はその日の気分でOKです。

できることはすぐやろう?(smr とらいあすろん部始めるよー)

smr(Sunday Morning Ride)は、日曜日朝にグループライドをやろう!と言うことなのですが、トライアスリートの方も(冬でも)参加して欲しいです。
なぜって、バイクもスキルが重要なんですよ。人数が集まればバイクライドの練習だってできるし、トランジットからランニングの練習だってできるよね。

と、言うことで、バイク~ランをせっかくできるんだしいかがでしょうか?
とりあえず、ランの参加の人はシューズを持参ください。(鍵はこちらで用意しようと思います)
バイクを降りたら「ラン2㎞~」で実施します。たった2㎞と思うでしょうが、バイク~ランの切り替え練習と思えば2㎞くらいでちょうど良いのかなと。
実際にCEEPOの田中社長が以前に来店してアドバイスをしてくださったとき、「バイクとランはセットで」と説明してくださったんですよねー。
もうひとつの理由はバイクだけの人が待ちぼうけになりますので(笑)。
帰着時間の調整(トライアスロン組の休憩時間短縮など)も考慮します。

あ、まだ週の初めですがどうぞよろしく。
僕もランのトレーニングはバイクでウォーミングアップ、クールダウンすることにしました。

2018/12/9 本日のsmr

今日のsmrは11名の参加でした。ちょっと足並み揃いませんでしたが(笑)。

原因は僕です。
忘れ物を取りに行ってから途中合流しようと思ってショートカットしようとした途中でパンク。
チューブレスレディなのでシーラントが噴出し、パンク修理(エアの継ぎ足し)をしようとしてバルブキャップを外そうと思ったらバルブキャップにバルブコアが付いてきてしまい…。
時間が惜しいのとまたパンクトラブルは怖いので、いったん車で回収して貰って出直しました。
と、言うことで峠の駐車場で合流したんですよね~(苦笑)。
もうひとり、遅刻マンもいましたが。

トレーニング組は先週よりオフトレーニングの一環で「インナー縛り」の区間を設けています。
ペダリングのクイックネスとスムースネスを意識するには、ある程度「負荷を抜いたペダリング」で練習したほうが効果的です。
例えば、3本ローラーなどではローラー台に負荷装置がないので、ある程度のパワーがあれば速度を上げて負荷装置がわりということで40㎞/h~50㎞/hとなることもありますが、インナーギアの軽いギアに設定して100rpm~120rpmでじっくりとペダリングするように指導します。で、これができるようになったら「ギアを軽くする」んです。
負荷が無いほうがペダリングスムースネスは難しい。だけど、夏場やオンシーズンではやはりパワートレーニング重視になるので今、オフシーズンにやっておこうというわけです。
速く、パワーを掛けるのではなく、速く、スムースに、正確に。
徐々に慣らして行って、レースで使えるペダリングになることが狙いです。
ま、ちょっと2グループにとっては速いようなので、できれば僕が入りたかったんですが、ごめんなさい。

でも、今日はトラブルがあったというほどでもないですね。
パンクトラブルはsmrでは年に2-3回ありますけど、まぁ少ない方だと思います。

 

2018/120/08 明日のsmrについて

明日smrも通常通りの実施です。
ここまであたたかな日が続いていましたが、明日は最低気温がまた下がる予報になっていますね。
日中の気温が高めになりますが、そろそろ冬装備が必要になって来そうです。
グローブ、シューズカバーをはじめアンダーウェアにもご注意ください。
静岡の冬は日中が思ったよりも暖かいのです、単純に「寒いこと」を念頭にウェア選びをすると、smrでも帰路からはたいへんですよ~。
汗が出て、そのせいで凍えることもあるので、そういう場合は「夏用アンダー」をもう1枚着ておくといいかもしれません。

トレーニング組はメンバー間での話をしてから出発です。
グループトレーニングの間に何を主眼に置いて走るか?
特にオフシーズン中に入っている今だからこそできるグループトレーニングを重視していきたいと思いますが、2グループ作れるメンバーが揃えば内容を変えて好きな方を選択できるようにしたいですね。
ツーリング組はいつも通りという形になりますが、こちらもメンバー編成によって僕が最後尾に入るか、途中から合流するようにするか、あるいはちょっとコースを変えてみようか?
は来てからのご相談です。帰着は11時ですよ。

 

2018/12/01 明日のsmr(12/02)について

明日のsmrは通常通り実施します。
天気も良さそうですが、朝はだいぶ冷え込んできましたよ。smr終了する11時くらいは逆に暖かいのでウェアの調整が難しいですよ。
冬のウェアリングの基本はとにかく「重ね着」です。外気温や体温の調節、発汗対策、風の調節が重要です。
静岡の冬ライドは日中は防風素材のウェアが邪魔になるほど暑く感じます。それで汗をかいてしまうと防寒対策のウェアが逆効果なんですよね。汗が凍える原因になってしまいますから。
だから、こまめに調節するようなウェアを重ね着が基本です。

あしたの人数次第ですが、トレーニング組は「通常組」と「基礎練習重視組」に分ける予定ですよ。
ちょうどレースもオフシーズンなので、特にJr.はペダリング練習などの基礎的な練習をグループライドの中で消化できるようにしていきます。
ロードレースの中で必要なペダリングスキルを取り入れていきます。
それ以外にも少しずつ実践的なウィンターシーズントレーニングを組んでいけたらと思いますので興味のある方は立候補してください(笑)。
ツーリング組は初心者から募集中です。初参加、慣れていないメンバーがいるときは僕が原則としてグループに入るようにしています。
smrは、トレーニングでもツーリングでも「グループでライドすること」を重視していきたいのです。

と、言うことで明日もどうぞよろしくお願いいたします。

2018/11/25ツールドエコパ

今日、ツールドエコパに参加の皆様お疲れさまー。
今日は、Jr.をはじめ、ソロの部、4時間の部にエントリーしたよって話で、頑張ってきてねと送り出したわけですが、
4時間チームの部って「ショップ対抗の部」ってあったんですね(笑)。
「優勝したよー!」
って報告がありました。

優勝狙ってるよって話はでていたのですが、実際に狙って勝てたためしが僕にはありませんからね(苦笑)・・・ということで話半分で聞いてましたけど嬉しいです。
少しずつレースのほうでもまた結果が出始めてきました。
Jr.のほうも好結果だったそうですが、それはまた会った時のお楽しみと言うことにしておきましょう。
でも、特にレース参加の時は、「落車に遭わないこと」「楽しめること」を第1に考えたいと思っています。
smrで走ることで、より落車に遭いにくく安全に走れるようにするのが、永遠の課題ですね。

P.S. 修善寺のCSCクリテ(金曜日)でもJr.メンバー+αで頑張ってました。そちらも優勝おめでとう。