2018/12/11 ツーリング組のsmr

smrの冬活用についてちょこちょこと書き始めました。前回はケイデンス練習やろう、みたいな。あと、トライアスロン部。

ツーリング組の活用がちょっと難しいです。
8時集合で11時帰着だと、「どこかによって休憩して食べて帰ろう!」が難しいんですよね。
どこもまだ開いていない・・・(苦笑)。

コース途中はちょっと厳しいなと思うので蓮華寺池か・・・もしくは岡部。
峠の駐車場でさきに折り返して寄っていくという手はどうかな?
10時15分くらいにはお店開いているのかな?
それなら寄り道可能な気がします。

今のところ、ツーリング組は「ツーリングの練習」という形です。
ツーリングでも「グループで走る」はとても重要です。
例えばロングライドイベントを1人で走り切るのって意外とつらいです。(特に初心者にとって)
ペース配分もそうなんですが、グループライドで走るほうが「楽に」「速いペースで」走行が可能です。
「列走行が怖い」と言うことも、実地で練習しないと解決しない問題です。ロングライドのイベントでは周りに同じライダーがいるということも。周りのライダーが敵になってしまうのか、味方になってくれるのか。
そういったことを少しずつ解決していきましょうと言うのが、smrのツーリング組・・・のはずなんですよね(笑)。
始めは前のライダーがなにをしてもよけられると思う距離で(それが何mかは言いませんが)離れて走っていても大丈夫。少しずつ前のライダーの動き、その前の状況がわかってくれば「空気抵抗の低減」を受けられる距離で安全に走ることは可能です。
初めての参加のライダーがいるときは、注意や励ましが必要だと思ったら声が掛けられる位置を必ずサポートするように心がけています。

まぁ、そんなわけで、グループライドデビューしてみたい方は、ぜひ声をかけてくださいませ。
仲間を増やすことがグループライドを楽しく走るコツ・・・なのかなとは思いますけどね。
smrの参加に関してはほぼ自由参加です。(初回だけbici-okadamanにご連絡くださいと言うことをお願いしています。)

※基本的に休憩場所はトレーニング組もツーリング組も同じ場所。(コースの距離は違います)
※トレーニング組もツーリング組も組の移動はその日の気分でOKです。

できることはすぐやろう?(smr とらいあすろん部始めるよー)

smr(Sunday Morning Ride)は、日曜日朝にグループライドをやろう!と言うことなのですが、トライアスリートの方も(冬でも)参加して欲しいです。
なぜって、バイクもスキルが重要なんですよ。人数が集まればバイクライドの練習だってできるし、トランジットからランニングの練習だってできるよね。

と、言うことで、バイク~ランをせっかくできるんだしいかがでしょうか?
とりあえず、ランの参加の人はシューズを持参ください。(鍵はこちらで用意しようと思います)
バイクを降りたら「ラン2㎞~」で実施します。たった2㎞と思うでしょうが、バイク~ランの切り替え練習と思えば2㎞くらいでちょうど良いのかなと。
実際にCEEPOの田中社長が以前に来店してアドバイスをしてくださったとき、「バイクとランはセットで」と説明してくださったんですよねー。
もうひとつの理由はバイクだけの人が待ちぼうけになりますので(笑)。
帰着時間の調整(トライアスロン組の休憩時間短縮など)も考慮します。

あ、まだ週の初めですがどうぞよろしく。
僕もランのトレーニングはバイクでウォーミングアップ、クールダウンすることにしました。

2018/12/9 本日のsmr

今日のsmrは11名の参加でした。ちょっと足並み揃いませんでしたが(笑)。

原因は僕です。
忘れ物を取りに行ってから途中合流しようと思ってショートカットしようとした途中でパンク。
チューブレスレディなのでシーラントが噴出し、パンク修理(エアの継ぎ足し)をしようとしてバルブキャップを外そうと思ったらバルブキャップにバルブコアが付いてきてしまい…。
時間が惜しいのとまたパンクトラブルは怖いので、いったん車で回収して貰って出直しました。
と、言うことで峠の駐車場で合流したんですよね~(苦笑)。
もうひとり、遅刻マンもいましたが。

トレーニング組は先週よりオフトレーニングの一環で「インナー縛り」の区間を設けています。
ペダリングのクイックネスとスムースネスを意識するには、ある程度「負荷を抜いたペダリング」で練習したほうが効果的です。
例えば、3本ローラーなどではローラー台に負荷装置がないので、ある程度のパワーがあれば速度を上げて負荷装置がわりということで40㎞/h~50㎞/hとなることもありますが、インナーギアの軽いギアに設定して100rpm~120rpmでじっくりとペダリングするように指導します。で、これができるようになったら「ギアを軽くする」んです。
負荷が無いほうがペダリングスムースネスは難しい。だけど、夏場やオンシーズンではやはりパワートレーニング重視になるので今、オフシーズンにやっておこうというわけです。
速く、パワーを掛けるのではなく、速く、スムースに、正確に。
徐々に慣らして行って、レースで使えるペダリングになることが狙いです。
ま、ちょっと2グループにとっては速いようなので、できれば僕が入りたかったんですが、ごめんなさい。

でも、今日はトラブルがあったというほどでもないですね。
パンクトラブルはsmrでは年に2-3回ありますけど、まぁ少ない方だと思います。

 

2018/120/08 明日のsmrについて

明日smrも通常通りの実施です。
ここまであたたかな日が続いていましたが、明日は最低気温がまた下がる予報になっていますね。
日中の気温が高めになりますが、そろそろ冬装備が必要になって来そうです。
グローブ、シューズカバーをはじめアンダーウェアにもご注意ください。
静岡の冬は日中が思ったよりも暖かいのです、単純に「寒いこと」を念頭にウェア選びをすると、smrでも帰路からはたいへんですよ~。
汗が出て、そのせいで凍えることもあるので、そういう場合は「夏用アンダー」をもう1枚着ておくといいかもしれません。

トレーニング組はメンバー間での話をしてから出発です。
グループトレーニングの間に何を主眼に置いて走るか?
特にオフシーズン中に入っている今だからこそできるグループトレーニングを重視していきたいと思いますが、2グループ作れるメンバーが揃えば内容を変えて好きな方を選択できるようにしたいですね。
ツーリング組はいつも通りという形になりますが、こちらもメンバー編成によって僕が最後尾に入るか、途中から合流するようにするか、あるいはちょっとコースを変えてみようか?
は来てからのご相談です。帰着は11時ですよ。

 

2018/12/01 明日のsmr(12/02)について

明日のsmrは通常通り実施します。
天気も良さそうですが、朝はだいぶ冷え込んできましたよ。smr終了する11時くらいは逆に暖かいのでウェアの調整が難しいですよ。
冬のウェアリングの基本はとにかく「重ね着」です。外気温や体温の調節、発汗対策、風の調節が重要です。
静岡の冬ライドは日中は防風素材のウェアが邪魔になるほど暑く感じます。それで汗をかいてしまうと防寒対策のウェアが逆効果なんですよね。汗が凍える原因になってしまいますから。
だから、こまめに調節するようなウェアを重ね着が基本です。

あしたの人数次第ですが、トレーニング組は「通常組」と「基礎練習重視組」に分ける予定ですよ。
ちょうどレースもオフシーズンなので、特にJr.はペダリング練習などの基礎的な練習をグループライドの中で消化できるようにしていきます。
ロードレースの中で必要なペダリングスキルを取り入れていきます。
それ以外にも少しずつ実践的なウィンターシーズントレーニングを組んでいけたらと思いますので興味のある方は立候補してください(笑)。
ツーリング組は初心者から募集中です。初参加、慣れていないメンバーがいるときは僕が原則としてグループに入るようにしています。
smrは、トレーニングでもツーリングでも「グループでライドすること」を重視していきたいのです。

と、言うことで明日もどうぞよろしくお願いいたします。

2018/11/25ツールドエコパ

今日、ツールドエコパに参加の皆様お疲れさまー。
今日は、Jr.をはじめ、ソロの部、4時間の部にエントリーしたよって話で、頑張ってきてねと送り出したわけですが、
4時間チームの部って「ショップ対抗の部」ってあったんですね(笑)。
「優勝したよー!」
って報告がありました。

優勝狙ってるよって話はでていたのですが、実際に狙って勝てたためしが僕にはありませんからね(苦笑)・・・ということで話半分で聞いてましたけど嬉しいです。
少しずつレースのほうでもまた結果が出始めてきました。
Jr.のほうも好結果だったそうですが、それはまた会った時のお楽しみと言うことにしておきましょう。
でも、特にレース参加の時は、「落車に遭わないこと」「楽しめること」を第1に考えたいと思っています。
smrで走ることで、より落車に遭いにくく安全に走れるようにするのが、永遠の課題ですね。

P.S. 修善寺のCSCクリテ(金曜日)でもJr.メンバー+αで頑張ってました。そちらも優勝おめでとう。

2018/11/25 本日のsmr

今日のsmrは9名でした。先週と被っていたのはたったの2名(笑)。
先週は南アルプスロングライド組がおらず、今週はエコパエンデューロ組がいないという事情がありますが、全員揃うってことなかなか難しいですね。
でもまだ人数が増える潜在力があるということでしょう。そういうことにしておいて。

今回は、Jr.組がまた1名新人で増えました。サドルの向きやら位置やらの手直しをするためにゆっくり組を作って走りました。
さすがに高校生、体力があるのでビクター坂はすごい勢いでのぼっていましたけどね。
基本ゆっくり組を作るときは最後尾は経験者がサポートすることにしています。先週もそうでしたが、せっかくグループライドに来て単独でぽつーんと走るのは楽しくないでしょう。
そういうわけで病み上がりの僕もゆっくりと走りました。

さて、今日は下りで落車が1件、幸いにして怪我も擦り傷でバイクもダメージなしだったのですが周囲の方にびっくりさせてしまったそうですみませんでした。
基本的に下りは左側走行順守、アウトインアウトなどはしないようにと言うことでお願いしています。
安全に下るためにも、下り坂を速く下れるようになるためにも、普段の練習では「ラインキープ」がもっとも大事なんです。
落車の彼には注意すべきことを伝えおきましたしておきましたので…。