タイヤ劣化のポイント(走行距離が少なくても起こりうる場所)

クロスバイクのタイヤ取替えをしました。
「サイドウォール部が擦れて穴が開いたようになっている」とお聞きしていたので予想はついていましたが、案の定・・・でした。走行距離が少なくても起こりうるタイヤ劣化による取替事例ということになりますね。

これは例えば、ブレーキシューがタイヤに擦れているとか、石に擦ったということではないです。経年劣化(時間が経っていわゆる風化した)とか、空気圧による膨張、日焼けによるUVなどの原因が大きいです。とくにこの「スキンサイド」と呼ばれているタイヤ全体を黒いゴムで覆っていないタイプで起こりやすい現象です。走行によって接地部が摩耗してのタイヤ交換だとなんとなく「良く乗ったなぁ」で済むのですが、接地部ではないのでなんとなく、「まだ乗れるかな?」と言う気分になりがちなんですよね。この現象が起きると、内部のタイヤチューブが外へ飛び出して来て、石などでカットしやすくなる、つまりパンクしやすさがけた違いにふえてしまうので気を付けてください。

この「スキンサイド」と呼ばれるタイヤの魅力はサイド部をゴムで覆わない分だけの軽量性と柔軟性にあるのではないかと思いますが、一方で「ビンテージっぽい」「雰囲気」もあることはわかります。わかっているんですが・・・良く乗るひとで、タイヤ交換をいとわないひとは良いですよ。耐久性を考えたらやはり黒タイヤの方をお勧めします。

まぁそんなわけで、メーカーさんにはこのタイヤでクロスバイク仕様は止めた方が・・・と言いたい所です(苦笑)。クロスバイクの使用目的から考えて、やはり走行性能よりも耐久性に重きを置いてほしいです。ましてやデザインてきな要件は・・・。

チェーンリングも消耗品

せっかくのでチェーンリングについてもひとつ。

今回取替させていただいたチェーンリング(フロント歯)。
下にある歯はだいぶ先が尖っているように見えますね。
アウターの歯はそろそろ要交換の領域と言っていいかと思います。
寿命かどうかと言われると「まだ使えるじゃないか!」と言う人もいると思いますが、使ってもメンテナンスの頻度やそのほかのパーツの消耗度も増えてしまうので良いことは無いかと思います。

このフロント歯と接しているのがチェーンです。チェーンは通常はフロントチェーンリングよりもさらに消耗度が早いです。つまり、チェーンも交換して差し支えないレベルにある可能性もあります。
さらにチェーンは、リア変速機のプーリー、スプロケットとも接しているわけです。摩耗して適正な寸法や形状をとどめていないものは相手の部品を摩耗させてしまうのです。

ちなみに、こちらは新品。
一度使い始めると、新品がどのような状態だったのかを思い出すことがなかなか難しくなってきます。現在の部品の形状はより複雑になっていて、そのひとつひとつに意味を持たせているとなると変えた方が良いかどうかの判断がより難しくなってきていますね。ベテランの人はある程度の「距離」を目安にしますが、現代パーツの寿命は昔のパーツのそれとはまた変わってきていますからなかなか判断が難しい気もします。

もうひとつ。
ここ最近は、コンパクトドライブの影響が大きく、インナーギアよりもアウターギアの方がはるかに摩耗度が進んでいるケースが多いです。もともとアウターギアの方が摩耗は早いだろうとは予想できますが、それにしても差が大きすぎる場合があります。
そんな時に確認してみると、ほとんどのケースは「インナーを使っていない」と言うケースが目立ちます。もう少しまんべんなくインナーギアも使用してみたらと言うアドバイスもさせてもらうのですが・・・。