レンタルサドルプログラムSMP Tシリーズ追加情報

先日、お伝えしていたSelle SMP T4 or T5 がレンタルサドルの仲間入りと言う情報についてですが結局T4 and T5 と言う形になりました。


このサドルシリーズはT1~T5と揃っているのですが、実はT1とT2は完全に別モデルと言うべき幅広モデルです。本当はそちらを持っていて比較したほうが良いかもしれませんが・・売れ筋になるだろうと思うのはT3、T4、T5の3モデルです。
タイムトライアル用にはTTシリーズがありますが・・・後部についているバッチの形状が違うだけかも(苦笑)。

ちなみに、SMPの一つの特徴である「座面の前後凹形状」が無いモデルとしても試してみる価値はありますよ。ロードでは前後に動かしやすい方が好きと言う人も一定数いるのでそういう方にはおススメです。

T3~T5は比較的形状が似ていて
長さが246mm~251mm(T5だけ少し長いです)
幅が 133mm(T3)/135mm(T4) / 141mm (T5)
と違います。幅広になるにしたがって違いがあるようなのですが、例えばT4とT5では穴の幅が違うように見えますね。ベース形状はいっしょで幅だけ調整しているのかもしれませんので本当に人間のサイズで決めて良いのかも。

ご相談下さい。

gruppo bici-okadaman ウェアについて:更新情報

gruppo bici-okadamanのウェア情報についてのお知らせです。
gruppo bici-okadamanはsmr/bici-okadamanのお客様を含めた「グループ」の意味を込めて、「ぐるっぽ」と呼んでいるクラブです。
そのぐるっぽのウェアについての再生産分のうち、「Mサイズ」のみ売れ行き状況が良いためMサイズを再々追加することになりました。再々追加分の内、Mサイズは残り3‐4枚に設定させていただきますので、欲しいなと言う方はお早めにご予約ください。
なお、これより先はご予約時にお支払いいただく形で対応させていただきます。

tops            :11,880円
bib shorts : 15,980円

また、gruppo bici-okadaman仕様のとらいあすろん部「半袖」トライジャージも現在検討中です。これまでのブルー/ピンク仕様かオリジナルのグリーン/オレンジ仕様にするかを悩み中です…。

テストサドル追加情報:SMP T4 あるいはT5。

Selle SMPと言うサドルブランド。
これまでロードバイク用の主要シリーズをテストサドル化した途端に代理店さんから「テストサドル」プログラムが登場してしまい、「テストサドル設置店」にもなることもできず・・・と悲哀を感じるbici-okadamanのテストサドルラインナップにT4 (あるいはT5)を追加しました。

Selle SMP  T4
前後に長く大きな穴が開いていて、尿道部などの人体中心線にはサドルが接することのないモデルです。トライアスロン用途を主眼としているこのモデルは、SMPのロードモデルの特徴である前後にくぼみのある凹形状を取らず前後への移動がスムースになっている点が特徴です。TTポジションでは前乗りに、上りなどのアップライトポジションでは少し後ろ目に座りたいと言う人にはとてもお勧めです。SMPは横のふくらみがなだらかなので前後への移動が自由でもありますから。ロードモデルは凹形状が若干邪魔をするのでそれが苦手と言う人はこのモデルをロードに取り付けるのもありのようですね。←某選手がそのように使用していました。
バイクパンツで言うとL/XLの人向けと表記がありますが一般モデルと比べてパッドの厚みが多くてソフトであり、かといって幅広すぎることもないので女性でも試してみる価値のあるモデルです。
ちなみにバイクパンツサイズでだいたいの区別がされていて、こちらよりももう少し細身(小ぶり)なモデルもありますし、さらに大きなモデルもありますよ。

ちなみに現在のSelle SMPのテスト対象モデルは
ロード細身:composite / blaster
ロード普通?:Forma / drakon
TT:T4

になります。1620円/week (max 2weeks(3240円))ですのでどうぞお気軽にご相談ください。

大井川トライアスロンの要綱が届きましたよ。

大井川港トライアスロン大会の大会要項を実行委員長に届けていただきました!
開催日は7月16日(日曜日)10:00~の1.5~40~10㎞タイプ。
申込開始は4月1日10:00~です。

大会ホームページは http://sports.geocities.jp/oigawatri/
エントリーは MSPO http://entry.mspo.jp/?evcode=QB17

にありますが、ここ数年は2-3日でエントリーがいっぱいになるほどの状況です。
特にエントリー開始日にはご注意くださいね。
パンフレットが欲しい方は(記念に飾っておくでもなんでもOKです)どうぞお立ち寄りください。

ちなみに、bici-okadamanは今年も会場でバイク整備のお手伝いをしている予定です。
ここ2-3年は大きなトラブルが1-2台、パンクのためのチューブ交換が1-2台、ギア調整やブレーキ調整の他は「空気入れ」が一番多いです。例年通り数本は用意していくつもりですが、万が一混雑・渋滞していても・・ご容赦ください(笑)。

gruppo bici-okadamanウェアの注文について

まだちょっと早いですが・・・5月頃を目処に半袖の時期がやってきます。
と、言うことでgruppo bici-okadamanのウェアの追加注文を受付しています。

Bioracer 社製(gruppo bici-okadaman半袖ジャージ)
プロフェッショナルサイクルジャージボディフィット:11,880円
プロフェッショナルビブショーツライクラエリート:15,980円
在庫サイズ:XS/S/L それぞれ1枚
入荷予定サイズ M3枚、L2枚 (5月ごろになります)
なお、入荷予定サイズを含めて予約・入金済みの方を優先しますので宜しくお願い致します。枚数が足りなくなった場合は再追加を検討しますがさらに入荷が遅れます。

サイズは基本的にUnisexになりますので女性の方を含めて試着貸し出しいたしますよ。
基本的にはボディフィットタイプですが、かなり伸縮性の高い生地ですので締め付けを気にすることなく空気抵抗を低減できるというメリットがあるウェアです。
(サイズ表記もありますのでそちらをご参考いただければ幸いです。)
今回は特にMサイズの要望があったため追加で用意しました。
ちなみに僕がLサイズです。

bici-okadamanではBioracerのオーダーウェアの取次をしています。
bioracerはリオオリンピック男女ロードの優勝を初めとしてベルギー・オランダ・ドイツナショナルチームなどへカスタムジャージを供給しているブランドです。ウェアの性能、例えば空気抵抗やフィット感などを武器として、世界的に見てトップクラスの「カスタムオーダーウェアメーカー」なんです。
現時点では静岡のトライアスロンチームとgruppo bici-okadamanでの実績にはなりますが、今後はgruppoトライアスロンもbioracerに変更する予定ですのでぜひご注目ください。

 

ライトウェイ展示会&Burley扱いますよっと

おはようございますbici-okadamanです。
昨日は東京へ展示会出張でした。
朝方の「山陽新幹線の新神戸~新大阪間トンネルの煙により運航中止」を見て、名古屋発のひかりには影響ないだろうとたかを括っていましたらば、8時台のひかりは静岡では立ち席が各車両を埋めている状況で・・・のぞみからひかりへの振り替えや早めに移動を開始などで影響が出ていたんですね。僕も立ち席で腰が崩壊寸前でした(笑)。

さて、まずはライトウェイ展示会。
bici-okadamanではcrank brothers / garmin / BBBなどで多岐にわたって取引が多いのですが、まずはせっかくなので新規取扱が開始されるものから。

Burley (バーレイ)

自転車で引っ張る形式のチャイルドトレーラー、リアカー形式の積載トレーラー、もうちょっと簡易式の背負子のようなトレーラーの3点がここに載せてありますがこれらを含めて数モデルを扱うようです。初夏までには入荷してくる見込だったのですがbici-okadamanでもこれ扱います(笑)。
うちの場合、リアカー形式のトレーラータイプがいずれは農機具の持ち運びなどに丁度いいよなーと(45㎏積載可能なので軽い耕運機でもいけるんじゃ・・・)は思ったのですが、やはりキッズトレーラーの有用性を知ってほしいところもあるので展示&試乗車を用意することにしました。
また、入荷したら紹介するとしますが・・・例えば、キッズトレーラー以外でも、遠征にひとつ持っていくと車~会場入り、空港~レンタカー屋などの移動に便利なトラヴォイ、キャンプツーリングに活躍のノマド(繰り返しますが農機具を運ぶのに便利です)など、牽引式のキャリアがようやく安定して入荷できる見込みがついて嬉しいです。

X-ride サイカムB-1 bluetooth型の無線会話機。
1台16,800/2台29,800(+tax)
4台までは接続が可能で500m程度の送受信範囲。ヘルメットの両側にマジックテープなどで取付をして、指向性マイクで集音する形式。耳は塞いでいないので他の音も問題なく拾えます。現状ではまぁまぁ小ぶりにまとまっているのではないかと思います。500mほどあれば、まとまって走れるグループであれば脱落したり信号ストップなどの連絡に困りません。あと、常時通話可能なのでカップルツーリングには最適。並走に厳しい現状を考えるとメリット大きいです。グループライドの手助けをするには前後で2台ずつもっているだけでも効果は大きいですよ。


Crank Brothers 普段はペダルの紹介が多いのですが、ホイールも独創的なものを作っています。今回は特にCXやグラベル系にお勧めなスタイリッシュなZincの紹介。
これまではMTB用が中心でロード系は無かったのです。
説明にも書いてある通りなんですが、スポークデザインが左右対称で、リムに穴をあける構造でないのでより強固なリム形状になっているはずです。構造上リムが軽くできるかどうかには疑問がないでもないですが、特にグラベル・シクロクロス系では初中級者を中心に軽量性よりも剛性・頑丈なホイールで「かつ軽い」ぐらいがちょうどいいのでグレードアップには最適のホイールではないかと思ってます。

もうひとつ、片面ビンディングペダルも気になった(あることを最近知りましたので)のでチェックしてきました。バネ構造がうまく片面だけになってますし、フラット面は普通の靴でのる際に滑りにくいよう配慮されているし、よく出来てる!
ちなみにクランクブラザーズのペダルのバネの弱さは特筆もので、「外しやすさ」ではトップクラスだと思いますが、その理由は「リリース角(外すときかかとをひねる角度)」にあるようです。他のどのクリートよりもリリース角が大きくとれるようにしてあり、「外れにくいようにする」=「リリース角を大きくして、より大きくかかとをひねらないと外れない」と言う考え方をしてますね。
・・・ということで・・・。
あとはコメントなしですが載せておきます。
たくさん見てきたし‥。

 

TTバーについて(2017)

bici-okadamanに今在庫しているprofile design TTバーを並べてみました。
Profile designはトライアスロン&TTバーの老舗でもあり、現時点ではもっとも種類の豊富なTTバー形状をもつブランドでもあります。
今後は少しずつお勧めなTTバーを増やしていこうと思っているのですが・・・。
代表的な分類は次のような感じです。

・ハンドルバーの上からTTバーが出ているタイプのもの:
Tシリーズ
・ハンドルバーの下からTTバーが出ているタイプのもの
Vシリーズ

TシリーズはProfile designのTTバーでも中核をなす重要なシリーズでバーの先端形状がもっとも豊富なシリーズです。これまではロードバイクをトライアスロンモデルとして使用する場合も、TTバイクを使う場合も基本的にはTシリーズからの選択と言うことになっていました。
それに対して2016年頃から一時期途絶えていたハンドルバーの下からTTバーがでているタイプVシリーズとして復活してきました。このモデルが必要になるのは、主に「ロードバイクをTTバイク&トライアスロンバイクとして使用したい」と言う人です。Tシリーズに比べて、最低でもTTバー1本分+台座分の肘パッド高さが低くなるVシリーズは、ロードバイクのままでTTの前乗りを実践することに都合が良いです。
TTバーを取り付ける際、前乗りポジションはペダル位置を軸としてサドル・ハンドル位置を前方側に回転させることで合わせる傾向があります。そうなるとハンドル位置は前方に出すよりも「低くする」方が正解な場合があります。サドル~ハンドル間の落差がもともと無いセッティングの場合、TTバーがさらに高い位置についてしまうのではうまく荷重が掛からないという人はVシリーズがお勧めですよね。


・バー形状
Tシリーズ 1~5まで
Vシリーズ 2&4
現時点ではT1&5、V4だけになってしまっていますが近々でT3、V2のシリーズは追加します。TTバーの向きは握る手のひらの角度にとって重要なのでできればパッと握ってからしばらくはその姿勢が維持できるかテストしてみたほうが良いですよ。
形から入ると、特にトライアスロンでは1時間以上バーを持ちっぱなしなので、手首の角度が合わずに痺れてきたり、思った以上に力が入らない原因になったりします。


・肘パッド形状
オリジナルのT1+(アルミ)にたいしてカーボンのT1の肘パッド形状はよりハンドルバーに対して固定が強くなり、肘の位置が固定しやすいずれにくい形状になりました。
Tシリーズアルミ板は固定が甘いと肘が少しずつ外側へ滑り落ちるような斜め下に向いてしまうことが多くて、乗りにくいけどそのまま乗っていると言う人もかなり見受けられます。
ちなみに、オプションでバー固定&肘パッドのカーボン仕様と同じものがアフターパーツ化されているので、すでにバーをお持ちの方は部分交換だけでもしておくことをお勧めします。TTバーは肘の位置がもっとも重要ですからね。
Vタイプは肘パッドの位置がしっかり決まりやすくなっているのであまり問題にはならないと思うのですが。

と、言うことで、Tシリーズ、Vシリーズの中からバー形状のいくつかをピックアップ&肘台座をピックアップして試乗可能なようにしていきます。今週末からテスト開始です。

おまけ。

某所からこんな写真をいただきました。
なんていうかうらやましいぞ…。

ちなみにこの後、優勝しています。。

デュラエース新型情報アップデート:Disk &パワーメータークランク

おはようございますbici-okadamanです。

今朝からいよいよシマノ・デュラエース新型の最終のバージョン「油圧ブレーキキット:Disk」と「パワーメーター付クランク:FC-R9100P」が受注開始になりました。

油圧ディスクブレーキはDi2、Di2&TTレバー、機械式レバーの仕様がそれぞれ用意され、R9170(Di2)仕様のディクスブレーキキットで¥127,229+taxとなります。
R9120(機械式)のディスクブレーキキットで¥114,724+tax。
STI+ディスクブレーキ本体、ディスクローターのみの価格なので、シフト系も考えるとちょっと凄い価格なんですが・・・(苦笑)。

現実にはディスクブレーキはまだまだ先が読めません。
シクロクロスやグラベルロード系はほぼこのままディスクブレーキ化の道を歩むだろうと思いますが、デュラエースをわざわざ使う人がどれだけいるのだろう?と言う気も思ってみたりしています。ロードバイク(レース)系に関してはプロ選手組合?が反対の立場を取っているようでこのまま普及するかどうかについて、確信がないんですよね。
僕はロードの中でもグラベル・シクロクロス系に乗りたいのであればディスクブレーキ系のバイクをお勧めしますが、現時点ではノーマルのロード、レースをやりたいとか、ロングライドイベントに出たいけど通常のロードバイクにのりたいと言う方であれば、まだキャリパーブレーキ系をお勧めすることになると思います。

今回のもうひとつの目玉、「FC-R9100P」は思ったよりも価格が安く、
「クランクセットとして:143,662円+tax」 170/172.5/175mm
「クランクのみ」127,398円+tax  165-180mm
となりました。ant+で受信機(サイクルメーター)へデータを飛ばし、bluetoothでセットアップ、アップデートを行うと言う方式。(Polarなど考えるとbluetoothでのデータ転送もOKにしてほしかったところですが)
クランク長の主要な長さはクランクセットがありますが、165,167.5などはクランクのみとなっていますのでチェーンリングの価格を考えると若干割高と言う設定になっています。
クランク取付タイプでありながらリアダイレクトマウントブレーキへもほぼ対応とのことなのでシマノ純正で組みたい人にはメリットが大きいように思います。

North Wave 2017年シューズ入荷しました。

North Waveシューズが入荷しました。
ノースウェーブ・・・1993年から登場?ののちに90年代後半にはすでに世界チャンピオンが履くシューズとして一世を風靡したブランドです。ロードではチポッリーニが使用していました。昨年までは新城選手がチーム契約でしたね。

2017年モデルからアッパー部の新構造シューズのフィット感がとてもいい感じになりました。アッパー部の吸い付くようなフィット感は他老舗ブランドすら凌駕すると思います。ポイントは「オーバーラップ」構造かなと思っています。


ロード用(左から1番目、3番目)Phantom SRS ¥17,500+tax
MTB用(左から2番目、4番目)Sctream SRS ¥18,000+tax
これらのモデルから採用されたSkin Overlap構造、外側のアッパーがそのまま甲を包み込み、内側のアッパー部が覆いかぶさっているだけというシンプルな構造になっています。
これまでベロがある構造が普通だったシューズですが、重なり合う部分が甲に強く当たったり、締め付けが難しかったものが、この構造によって大幅に軽減されているように感じます。とにかく、アッパー部のフィット感に関しては群を抜いてよい感じです。アッパー部の素材選びも一役買っているんでしょうね。
爪先部分に関しては若干狭めに感じる人も出るかもしれません。その点については試着をお勧めします。

ちなみに、上の写真、わざとロード&MTBシューズを交互に置いてみたのです。
あまり違いが気にならなくないですか?
最近になって、グラベルロード(シクロクロス)なども乗ることからMTBシューズ系を使用しているのですが、NorthwaveのシューズはMTBシューズもロードシューズも見た目に大きな違いが出にくい、どちらかというと「ロードっぽい」シューズが特徴です。
MTBシューズとして「歩ける」機能を持たせながら、無駄を極力排したデザインならば歩けるロードシューズとしての使用もありかなと思わせる点でもお気に入りなのです。

シューズグレード問わずであればサイズ試着できますのでお気軽にご相談くださいませ。

Wilier GTR SL 仮組中~1

Wilier GTR SLを組付中です。
ウィリエールはイタリア、トリエステ州に本拠を持つイタリア屈指のブランドです。すでに100周年を迎えていますから老舗でもありますね。2016年からはウィリエールの名をファーストスポンサーとするプロコンチネンタルチームが誕生してもいます。

まだ仮組中で、一部部品交換の検討に入っていますが、全体図。

レース使用を前提に組んでいきます。
フレーム重量が1㎏をちょっと割るレベルなので軽量級のフレームと言っていいと思います。
フレーム重量で600-700g台もあるにはあるのですが額が違うので、僕がレース用としてでもお勧めしているモデルの大半は1000g台が多いでしょうかね。ぎりぎり切るのであれば十分軽量級だと思いますし、大きくは重量的な違いを感じないでしょうね。だいたいフレームの重量的役割は1/8程度ですからね。


GTR SLは元々はグランツーリズモと言うモデル名で出ていて、グランフォンド向けと称されていました。その中のトップモデルと言う位置づけです。グランフォンドと言ってもイタリアでの扱いは「市民レース」と考えた方が良くて、日本でもニセコクラシックがUCIの認定グランフォンド(レース)になりました。「トレーニングもレースもこれ1台で」と言う市民レーサーにはちょうどいいはずです。(やっぱり丈夫だし。)
僕がこのフレームを気に入っているのはこのバック部分でしょうか。
衝撃吸収性を考えれば過度に太いバック三角は僕の好みではない(笑)。レースは短い距離でしかなくてもトレーニングの量を増やしていくとやはり疲労がたまりやすいフレームは不利な気がします。

グランツーリズモは意欲的にワイヤ内装に取り組み、一時期失敗作もあったのです(市場には極力出回らないように代理店の方で注意が払われた経緯があります)が、それらをバネにして今ではとても取り回しに優れたメーカー・フレームです。そういうメーカーは見た目も良いのです(笑)。

・・・と言うことでまだ仮組中です。
もう一度完成したらアップの予定です。しつこいようですが。
金曜日には試乗もちょこっとできるかなと。(まぁ、チェックのための試乗なんですが。)