• masaki (bici-okadaman)

あけましておめでとうございます。2018年の営業開始です。

あけましておめでとうございます。2018年もどうぞよろしくお願いいたします。


1月4日、今日から営業開始しました。 2016年頃から続く「ロードバイクが売れない時代」がそろそろ終わることを願いつつ今年はさらに新しいことにもチャレンジしていきたいと思います。 実際に「ロードバイク」は欧州・米国をはじめとして日本でもなかなか売れてない状況なんだそうです。 ひとつはロードバイクの規格がメーカー主導で変わりつつあるということもあるのかなと思いますが、そろそろその波も一巡して落ち着きを見せ始めるのではないかと思うのです。実際には変わった今がチャンスということもあります。ロードバイクの規格が変わってきた今、より広い環境で楽しむことができるようになったのが「ディスクロード」「エンデュランス・グラベル・アドベンチャーロード」というキーワードになってくるのです。綺麗に舗装された道路のみを走ることができ、パリ・ルーベやフランドルのような特殊な路面、ダート路面は特別なもの、能力を持った人が走れる場所という時代は終わりを告げつつあります。天候に左右されず、荷物を装着することも可能になり、競技専用だったロードバイクとは一線を画したバイクが続々と登場しているわけです。そしてそれは、一部の人だけが楽しめるものではなくてむしろ「これから取り組もう」という人には「技術的に」「体力的に」やさしい自転車であるということも見逃せません。 と、言うわけでこれからのロードバイクは競技用とそれ以外のオールジャンルとで分化していく可能性もありますが、より幅広く取り組めるフィットネス・スポーツとして提案できるように頑張っていきたいと思います。

bici-okadamanはロードバイクを入口にしていますが、今後もトライアスロンやオフロード(MTB)の世界にもチャレンジしていきます。 大井川港トライアスロン大会がある当地では「トライアスロン」が身近にある稀有な土地柄でもあります。身近にトライアスリートがいる環境を大事にしていかなければなりません。サイクルショップの立場としてトライアスリートをバイクを中心にはなりますが、スイム・ランも含めてサポートしていけるように今後も努力していきます。しばらくはサポートの立場で頑張りますがまた時間が取れるようになったらトライアスロンも選手の立場で走りたい。そのためにもサポートをしながらトライアスリートの「今」をしることが大事かなと思っています。

その他、MTBのツアー参加やシクロクロス参戦を含めてバイクの色々にお手伝いができるように2018年も取り組んでいく所存です。 どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

明日のsmrは通常通り実施します。 よく、お客様に「グループライドはまだ実施されていますか?」と聞かれることが多いのですが、基本的には「毎週実施しています」ので…。 僕の今週はメンバーの集まり具合を見ながら、ロードで走るかグラベルロードで走るかを決めます。グラベルロードで走られている方もそれほど多いわけじゃないですし基本はオンロード走るので「グラベルロードで走って楽しいの?」とは事情を知らない人に

IMG_3004.jpg