• masaki (bici-okadaman)

こども自転車も

ご自分の自転車と同様に愛情注いであげましょうねと言うお話です。


娘が休校措置中にMTBで走り回っています。 それこそグラベル路面なので時々すっころんでいるらしく、後ろ変速機の根本である「エンド金具」が曲がっていました。昨日、いっしょにサイクリングをしたときには気が付かなかったのですが、微調整して乗っていたのでしょうか?プロ並みな技術だな(笑)。 上の写真、棒が見えると思いますが、下側がタイヤ側にがっつりと入り込んでいます。この状態で変速を一番軽くしてしまうと後ろ変速機が車輪の中へ巻き込んでしまい色々なものが壊れます。そして、子どもさんは「そんなの関係ねー!」ってやってしまうことがあるのです…。(大人もですけど)




そんなわけで修正です。 部品交換をする場合もありますが、今回は修正で。

修正工具がないとなかなか判断がつかないこともありますが、一番簡単な方法は 「一番軽いギアに入れてみた時に車輪に変速機が巻き込まれるようなことはないか?」 チェーンがギア歯とホイールの間に落ちてしまうこともあります。 巻き込んで壊したら元も子もないので、ゆっくりやってみてください。 昔はよく見た部品ですが、最近は付属してくることが少ないな。

ディレーラーガード、装着できるならお勧めです(笑)。

0回の閲覧

054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。