• masaki (bici-okadaman)

そろそろ冬装備

だんだん朝晩の気温が下がってきて、冬装備が必要になる季節でもあります。 僕が、気温が下がってきたのを実感するのは、 ・半袖で走りでたら腕が寒い。(最初のうちは意外と脚は大丈夫なんですよね。) ・トレーニング中のタイムが頑張っているのに遅い。(気温低下とともに空気密度が変わるからともいわれています) ・汗をかいたら急激に首筋、背中が冷える(しっかりしたアンダーシャツが必要です) ・手先・足先がかじかむ ・・・ってところでしょうか。 秋冬のほうが最近は自転車に乗りやすい時期かなと思うようになりましたが、それは「しっかり装備を準備しているから」でもあります。 自転車の場合、暑さをコントロールすることはとても難しいですが、寒さはコントロールできるんですよね。装備がしっかりしていればいいのです。

静岡の中西部は雪も降らず、寒さも氷点下になる日がほとんどない(冬日はあっても真冬日はないですよね;)。 日中は10℃近くまで上がる日も多いのでウェアの選択には要注意です。 個人差もあるのですが、ウェアの対応温度が低すぎるとライド中に暑すぎるということが起こります。特に、トレーニングライドしているひとは汗もかきやすくなるので汗冷えも起こりやすい。単にあったかいウェアなら大丈夫と言うわけにはいかないんですよね。サイクリングやポタリングでも向かい風で頑張って走ったりすると汗をかきやすいので特にアンダーシャツの選択が重要になってきます。 そのほか、末端が冷えやすいにもいろいろパターンがあります。こちらも暖かいだけではだめな時があって、僕の場合は汗冷え対策も重要なんですよね。

と、言うわけでまずは走ってみるしかない、少しずつ慣れてしまえば冬でも自転車で走れます。 ウェアの在庫が豊富というわけではないですが、「何を着て良いか困った!」時には是非ご相談くださいませ。 外から見えないウェア事情のお話のほうが得意です(笑)。

0回の閲覧

054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。