top of page
  • 執筆者の写真masaki (bici-okadaman)

クロスバイクも新しい流れに。

JAMIS CODA NEOIST JAIMISの700Cクロスバイクシリーズですが、ディスクブレーキとワイドタイヤ化がなされて、これまでのクロスバイクとは少し変わってきています。 これは、ロードバイク全般が細いタイヤから太いタイヤ志向に変わってきているのと無関係ではないでしょう。ロード風クロスバイクなんてものが流行った時代のクロスバイクのタイヤ幅よりも今のロードバイクの公称タイヤ幅の方が広いくらいです。その方がむしろ速い、安定する・・などと言った理由ですが、クロスバイクでわざわざ細いタイヤサイズをつけると、街中での使用用途に比べて繊細過ぎますからね。個人的には良い傾向だとは思います。

クロスバイクとしては珍しいフロントシングル(前変速機が無い仕様)なのは、使い勝手を考えたら正解。グラベルロード、フラットバーグラベルの影響も色濃くなっていてキャリアマウントも豊富だし、ハンドル幅も広め、シンプル、とても乗りやすい1台と思います。

って、ことでこちら納車させてもらいました。 すでにメーカー完売状態になっているので、次回は来年モデル・・・と言うことになるのかな。なかなか店頭に並ぶことの少ない状況ですがご紹介まで。どうぞご相談くださいませ。

Comments


IMG_3004.jpg
bottom of page