• masaki (bici-okadaman)

チェーンステーの保護に

フロントチェーンリングからチェーンが脱落した時、チェーンステーとの間に巻き込んでしまってフレーム「ガリガリ」って経験ありませんか? 近年はアルミシートを貼ってあるメーカーも増えていますが、脱落した際に吹っ飛ばしてしまった人やついていないモデルの人などにお勧めの「カーボン保護シート」が近々bici-okadamanでも施工可能になります。 左が元のシート、右がフレームに合わせて成型加工したシート。これを装着してフレームに傷が入るのを避けましょうというわけです。これまでアルミシートで作ったこともありますし、保護シール(ビニル製)でカバーを作ったバイクもかなりの数があるので、需要はあるかなーと思いまして。 実際はフロントのチェーンホイールにほとんど隠れてしまう箇所なので仕上げにこだわる・・・ほどでもないのですが、ホワイトカーボンの方がそのままだと艶がありそう。カーボンの方はちょっと細工するのもありだとか。なのでお時間はちょっとかかります。 さて、フロントのチェーン脱落って変速時のちょっとした気遣いが大きく発生回数を左右します。フロントの変速はまさしく「脱線」なので、素早くやろうとして操作を荒っぽくするとケーブルによって結ばれているフロントの変速機は荒っぽく動いてしまいチェーンが跳ねてしまうなどで脱落の要因になります。また、ペダルを踏みこんでいる最中だと脱落させる横方向と駆動させる縦方向への動きでチェーンが緊張して滑ってしまったり。これはDi2などの電子シフター系でも「シンクロシフト」でフロント変速が動くタイミングを間違えたりする時が怖いのです。昔に比べてどんな状況でも変速しやすくなってきたよとは言えますが、変速時は過度な踏み込みを避けてもらえるといいなと思います。

0回の閲覧

054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。