top of page
  • 執筆者の写真masaki (bici-okadaman)

チューブレスタイヤ&チューブタイヤの補修用に

パンク修理において信頼のおけるTIPTOPからチューブレスタイヤやチューブドタイヤの「タイヤ裏」パッチ用に こういうものが入荷しました。

チューブに貼るためのものではありません。 これまで某社で出ていたタイヤブートと呼ばれるものと同じ性質のものです。 たとえば、タイヤが裂けてしまったときにチューブがなかからはみ出てこないように内部から張り付けて置く性質のものですね。 チューブレスタイヤを使用中の人が現場で治してそのままチューブレス運用するのは難しいのですが、ゆっくりと落ち着いて家で実施すればもう一度チューブレスで運用可能です。 単純なテープではなくてタイヤ側にきちんと糊を密着させて穴を塞ぎに行きますからチューブレスの修理も可能になるということです。

いわゆるクリンチャータイヤでもタイヤの裏に張り付けて裂け目を塞ぐというときにこれを持っていると便利です。 クリンチャーの場合はエア漏れまでは気にする必要がないのでいわゆる「テープ型」のタイヤブートでOKになるのですが、TIPTOPは非常に柔らかい素材でかつ穴を塞いで伸びないのでタイヤの性能低下を抑えるには有効じゃないかなーと思うわけです。ちょっと作業時間には時間がかかりますけどね。

出先でのパンク修理で一番困るのは「チューブ交換だけでは済まない」と言うことです。 特にペースの速いトレーニングをされている方の場合、尖った石を踏んでできる「サイドカット」のパターンのパンクが多いのでパンクと同時にタイヤが裂けるバーストを起こすこともあります。 タイヤブートを1枚入れておくのも良いですし、その場で治しちゃえということでこういう修理キットを持つのもおすすめですよ。

最新記事

すべて表示

明日のsmrについて

明日のsmrは通常通り実施します。 よく、お客様に「グループライドはまだ実施されていますか?」と聞かれることが多いのですが、基本的には「毎週実施しています」ので…。 僕の今週はメンバーの集まり具合を見ながら、ロードで走るかグラベルロードで走るかを決めます。グラベルロードで走られている方もそれほど多いわけじゃないですし基本はオンロード走るので「グラベルロードで走って楽しいの?」とは事情を知らない人に

Comments


IMG_3004.jpg
bottom of page