• masaki (bici-okadaman)

ビッグプーリーについて

Carbon Dry Japanのビッグプーリーキットを取り付けたいというお客様がおられたので入荷しました。 ビッグプーリーキットの組付け数はそれほど多くはないですけど、展示会ではやっぱりチェックしますよね(笑)。


回転体の半径を大きくしてベアリングの抵抗を無力化してしまおうと考えればいいでしょうか。 リアディレーラーのプーリーは駆動伝達にはかかわらないので抵抗が小さければ小さいほどいいというのは道理です。 ですが、プーリー間の距離が延びる、リアスプロケットからの距離が延びることで変速するときのタイムラグが微妙に生じる・・・と言うことがあり得ます。 あと、このケージの剛性が低いと変速が決まりにくくなりますよね。

最初に登場した?バーナーという会社のビッグプーリーキットもかなりのごつい代物でしたが、カーボンドライジャパンのものもしっかりとしたカーボン板に幅を持たせて剛性を持たせているようです。 チェーンを回しながら横移動するのでねじれなどにも強くないといけないです。そのためなら、しっかり剛性が欲しいところ。 あとは取り付け時のスプリングテンションなど・・・気になるところは実はありまして、組んでみないとわからないのですが、自社名でのブランド製品はすぐに評判として返ってくるのでその辺は信頼しているかな。 ビッグプーリーキットを試してみたい方はケージがなるべくしっかりしたものを選びましょう…。

0回の閲覧

054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。