• masaki (bici-okadaman)

ランもちょこっとやってます(笑

開店しました!っと言っているうちにお客様が来られてもう1時間過ぎていましたおはようございます。

トライアスロンやりましょう! と、言うことでランニングを再開しています。以前に比べて走力がた落ち、3月の藤枝マラソン(!)はまともに走れるのかなという不安だらけのスタートですがぼちぼちと。 CEEPOの田中社長にも言われたことですが、「バイクとランはセットで練習しよう」と言うことを、ランの練習の日だけまじめに守っています(笑)。 簡単なことなんですが、「ランニングのアップをバイクでやってしまおう」なんですね。 特に冬場は準備体操などすませたら、バイクのローラー台に乗って10-15分ほどアップをして、ランに切り替えます。 帰ってきたらやはりバイクでクールダウンという形も良いです。 そうすると、必ずアップ&ダウンをするようになりますから。身体にも優しいですよ。

来年トライアスロンをやってみたい、と言う方でまだバイクを持っていない人は、すぐにバイクを購入しましょう。 余裕があれば、ローラー台もセットにするとお勧めです・・・。10分、20分の積み重ねが肝心。 トライアスロンをやられている方で、余裕がある方もローラー台はお勧めです。 バイクのペダリングにも慣れますし、なにしろ転びません。(3本ローラーと言うバランスを取るものもありますが使用が難しいですね) アップとクールダウンだけ、と割り切っても良いですよ。

冬場のランのトレーニングのオーバーワーク、特に膝などの脚に不安がある方にも、冬場のバイクはお勧めです。 バイクの感覚を忘れないこと、あるいは、長距離の心肺的トレーニングの代替です(LSD)。 それらを管理するのが、ハートレートモニターにスポーツ管理用のWEBアプリ。 使いこなして楽しめるところまでbici-okadamanでお教えしますよ。

トライアスロンの準備はオフシーズンの冬が肝心です。

最新記事

すべて表示

明日のsmrは通常通り実施します。 よく、お客様に「グループライドはまだ実施されていますか?」と聞かれることが多いのですが、基本的には「毎週実施しています」ので…。 僕の今週はメンバーの集まり具合を見ながら、ロードで走るかグラベルロードで走るかを決めます。グラベルロードで走られている方もそれほど多いわけじゃないですし基本はオンロード走るので「グラベルロードで走って楽しいの?」とは事情を知らない人に

IMG_3004.jpg