• masaki (bici-okadaman)

以前に乗っていたロードバイクのハンドルが低い!と言う方に。

サンプルとしてこのようなハンドルを入荷させてみました。 今のロードハンドルとしては一般的な「エルゴシャロ―」形状ですが、ハンドルだけで+15mmアップライト(高く)

になります。 MTBでは「ライズ」と呼んで高さ確保をするものが多いですが、ロードではまだちょっと珍しいんですよね。ですが、レース活動→ロングライド主体のように走り方が変わってくるとハンドル高さが欲しくなったり・・・しませんか?これまでのハンドル高さに合わせてフォークコラムの長さを調整してしまっていたりすると、ステムの曲がりで調整するしか方法がありませんが、こちらならバイク全体のフォルムを崩さずにハンドル高さを稼ぐことができます。 サンプルとして取付てみることも可能ですので、気になる方はお尋ねください。 「あれ、ある?」 って。(あれ、ってなに?ってなるかもしれませんが)

最新記事

すべて表示

2023シーズンまで後〇日!(まだ気が早い?) と、言うことでCEEPOから新モデルVIPER(-R?)が登場のニュースです。 CEEPO Globalサイトにアップされています。 一昨年あたりから噂では話がでていましたが、Ironman (Hawaii/KONA)に合わせて登場になりました。KATANAよりエアロ、SHADOWよりもオールラウンダーと言う位置づけ。レース出場へ向けた移動を含め

現在「gruppo bici-okadaman」のトライアスロン部門、 「ぐるっぽとらいあすろん部」の入部とジャージ予約注文の受付中です。 これまでとデザインは踏襲なんですがメーカーが「Pearl Izumi」を使用することになりましたので、微調整のためデザイン案の確定はもう少しお待ちください。 使用メーカーはこちら。 これまで製作したメーカーさんのジャージの着用もOKです。ただ、追加製作枚数の

IMG_3004.jpg