• masaki (bici-okadaman)

入荷しました。いろいろ。

今日は初の入荷物ありまして。


ZIPP 303S入荷しました。

・ディスクブレーキ用カーボンホイール

・チューブレス(レディ)専用(パンク時の一時的なチューブド対応はOK)

・フックレス

・ワイドリム

・税込155,980円




カーボンホイールとしては破格な価格をZIPPというブランドが!という感じです。

ハブはJ(曲げ)スポーク用とはなっているのですが、リムに関しては「フックレス」と新機構で攻めてきた感じですね。

フックレスはリムの先端にある「返し」がない構造。大丈夫なの?と思いますが、そもそも自動車やモトバイクのチューブレスも返しがある構造ではなく‥。

リムの内部に「ハンプ」という形でビードが内側へ落ちにくい仕組みを作ってあるのがポイントかと。

チューブレス全般にそのような構造になっていますが、フックが要らないというのはこれから定着するかが気になる?(笑)。

構造上のメリット・デメリットはそれぞれ「フックあり」に対してあると思いますが、気になる方は疑問も含めてご相談ください。

僕もまぁ整理中なんですけど僕は割と新しものなので。



もう一つ、RIDEFARRというブランドのサドルを入荷してみました。

こちらは今がトレンドのショートサドル+ワイドサドルです。

RIDEFARRは「エンデュランス(長距離)」というところにこだわっているようで、このサドルは僕がいま気に入っている某サドルの形状と思想が近いなと思いました。

ショートサドルの一つの特徴は後ろの座面が幅が広めということがあります。しっかりと後ろでポジションを取ると座面が広くて安定し、ノーズは短めなので股の接触を気にするほどでもありません。

ただ、ノーズが短いのに細くしてしまっているブランドも多く、ポジションが前に来ると座面がすごく狭い感があって圧力が強くて痛みが出やすいサドルがいくつかあります。(多分、前に出ないようにセッティングする人は大丈夫かも)

逆にRIDEFARRなどは先端もそれほど絞ってなく、クッション性もあるのである程度座れるんですよね。僕の場合はショートサドルといえども前後に動く傾向があるので前側でも座れるようなサドルが好みです。

たぶん、そう言う人にはサドルのブランドや方向性関係なくロードからグラベルまでお勧めできると思います。





さて、明日もまだ入荷してきたものの紹介が続くことになりますが・・・お付き合いくださいませ。

今週末は通常通りの営業です。



93回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

gruppo bici-okadaman ジャージ、ウィンドベスト

gruppo bici-okadaman ジャージ、ウィンドベストが入荷しました。 これからの時期に役立つの?って実は4シーズン重宝するのがウィンドベスト。 夏場でもコンパクトなウィンドベストは背中に詰めておいて下りで着用するのが汗冷えを防げるのでお勧めです。

054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。