• masaki (bici-okadaman)

展示会行ってきました2

昨日の展示会は部品系が多かったのですが、多岐にわたってしまって紹介してても「なにこれ?」系もあるのでちょっと数を絞っていきたいと思います。

WAHOO Kicker と、言いつつ興味があったので…。(取扱いは未定というか要相談と言うか) インドアサイクリストな方にピッタリ(本当はショップのフィッティングシステムにもピッタリなんだけど…)なシステム。STRAVAなどと連動させて坂道の斜度+風まで再現できてしまうというものです。(ちゃんと前に送風機がありますね)自分のバイクのサイズを再現できますし、ハンドル、サドル、ペダルを自分のものが使えるわけです。で、バーチャルでレースができるわけなので…リアルなロードレースの任期はどうなるんでしょうか(苦笑)。 現時点ではまだ国内価格は未定だそうです・・・。

ロードバイク&リムブレーキユーザーの方には興味がわかない?かもしれませんが、シマノの「グラベルロード向けコンポーネント=GRX」が発表されています。すでに完成車にも搭載されていますし、bici-okadamanでも一部の部品を載せ替えで装着しました。 今回初めて「油圧サブレバー」を実機でみました。 これ良さそうですよ。 レバー回りがすっきりしています。ドロップ部との干渉やケーブルの取り回しも問題なさそうですし、油圧なのでレバーは相当に軽そうです。油圧ディスクじゃないと成立しないんですけどね。 もうひとつはこのSTレバー。こちらも同じく油圧ディスク用ですが、フロントシングル用の左に変速がない仕様、左はドロッパーポストのスイッチにしてしまった仕様も用意されていて・・・ですが、ちゃんとダブルの仕様もあります。そしてこのレバーが意外と握りやすいので今後の注目です。(いずれテストバイク仕様にしたいと思っています)

ゼータトレーディングの変わったパーツたち。 今回の新商品は「磁石のビンディングペダル」 くっついているのは本当に「磁石」の部分だけらしく、どちらかと言うとコミューターバイクや初心者向けとして「どんな方向でも動かせば外れる」のがメリットなペダルなんだそうです。通常のビンディングペダルは「外れる向き」が決まっているけど、これは「引きはがす方向なら必ず外れる」と言うわけで…。これならパートナーにも使えるかも?と思ったらぜひどうでしょう? と、まぁだんだんマニアックな方向へ踏み込んでしまいますので部品系はこのへんで。

0回の閲覧

054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。