• masaki (bici-okadaman)

本日のsmr

意外と寒かったですね。トレ組だけだったのですが、Jr.メンバーが途中で遅れかけたのでフォローして走りました。ここのところは誰が参加しても毎回フォローして走ってますよ。自分をフォローして走ってもらわなくてはならない事態は避けたいです(笑。

休憩場所でJr.のポジションをちょっと見直しました。 サドル位置を15㎜ほど前方に。それに合わせてサドル高さを前と同じ程度の感覚に合うように高く。(ハンドルはこの場合はあまり動かしません) ロードバイクはペダリング理論が様々にあって、それに応じたフィッティング理論が存在?します。正直な話、僕が店を開いてからもペダリング理論って百花繚乱に生まれているんです。メディアが展開してきたものもあるし、有名選手の「フォーム写真から」生まれた(奇天烈な?)ものもありました。時代によってアップデートされていると言えばその通りかと思いますが、他人とは違いを生み出そうと思って生まれたのか?と思うようなものもあります。そして、ライダーがレース志向なのか、トライアスロン志向なのか、ツーリングのそれぞれの志向なのか?によっても本来は違うところがあるはずなんですけど、それもあまり論じられてはないんですよね。最終的には乗り手が「自分に合う」と思うものにするしかないのですが、僕はそのフィッティングについてはいくつかの方法論を自分で試してみてもらうしかないと思っています。自分でしっくりくればそれでOKなわけですし、一緒に走っている様子を見ればなんとなく合ってるのかな、合ってないのかなの想像もつきます。smrで一緒に走りましょうと言うことは、まぁそう言うことなんです(笑。 グループライドは周りの仲間が良い教材&相談仲間なんですよね。ぜひご活用ください。いつでもどうぞ。

72回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

gruppo bici-okadaman ジャージ、ウィンドベスト

gruppo bici-okadaman ジャージ、ウィンドベストが入荷しました。 これからの時期に役立つの?って実は4シーズン重宝するのがウィンドベスト。 夏場でもコンパクトなウィンドベストは背中に詰めておいて下りで着用するのが汗冷えを防げるのでお勧めです。

054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。