054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。

  • masaki (bici-okadaman)

12時より営業中です。

午前中は所用がありまして正午からの営業になりました。 20:00まで営業しておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

今日は雨が降っているのでなにかしらの画像が無し…。 と、言うことで既出ですがCINELLI SEMPER DISCの紹介を。 チネリが以前からだしていたイクスペリエンスと言うアルミのベーシックなロードのディスクブレーキ版です。コミューターロードと言いだしていますが、要は「普段乗りできるロードバイク」という位置づけですね。リムブレーキ版に比べてディスクブレーキ版は新しい規格、部品が装着されるので難しいんじゃないか?と思われがちです。

ディスクロードでも「機械式(ワイヤーでレバーとブレーキ本体を繋ぐタイプ)」はすでに一般に出回り始めて5年以上の時間が過ぎています。ショップ側のほうでも一般的な手法としてメンテナンスを扱っているのでそれほど問題ないはずなんですが、「新しいもの」という意識がまだ強いようです。 コミューターロードが街乗りや、荷物を持ったサイクリング、通勤などでの使用にぴったりに設計してあります。 ・太いタイヤが装着可能なこと(28-30Cのクロスバイク系に多い太さのタイヤ) ・ブレーキメンテナンスがしやすいこと、効きがそれなりに良いこと(上述) ・泥除けやキャリアの装着が可能なこと。 ・アップライトなポジション設定。 太いタイヤには将来性が見込まれていて、 例えば、10年以上前のロードレーサーから現代のロードレーサーでは 約2~4㎜ほどタイヤ幅が太くなっています。(21~23㎜→25~28㎜) 太くした方が色々な条件で速い、安定する、あるいはグリップが得られるということで変化してきたわけです。つまりロードバイクの雰囲気を持ったままで街乗りの性格を持たせたバイクがSEMPERなんです。 と、言うことでロード最初の1台でもお勧めです。

3回の閲覧