• masaki (bici-okadaman)

BOMA

展示・試乗会実施しました(終了しました)。

2019新型のSAI

BOMAの展示・試乗会実施しました。 SAI、L’ECLAT SR、CIELとTubeless Ready ホイールのTH-W35TL。 上の写真が2019新型のSAIです。 リムブレーキでありながら、28Cも対応し、特殊なカラーで5色展開。 剛性も高く、ワイドタイヤを装着しても、とても安定感のあるフレームでポジションも豊富です。(一部オプション対応)

SAIはかなり特殊なカラーで、光の当たり具合によって見え方が変わります。 きれいなグラデーションがはっきり見えるPゴールドと柔らかいグラデーションのRMグレー。残りの3色もかなり特徴的なカラーです。 実際に乗車フィーリングもカラーも評判高かったですよ。

レース系のCIELは軽さが際立つ乗車フィーリングでした。 加速の軽やかさという点ではリムブレーキ系のフィーリングの方がよい実感はあります。 もう1つ、

今回はチューブラータイヤとチューブレスレディタイヤの2パターンで乗らせてもらいました。以前から要望をだしていた「ワイド+チューブレスレディ対応」のパターンですが、ショップ側からの要望も多かったみたいです。実際に来たお客様たちにも乗り比べて乗ってみてもらいました。僕はSAIにはチューブレスレディ系のホイールが一押しです。 チューブレスレディ系のホイールはタイヤの選択肢は次の通りです。 ・チューブレスレディ(シーラントが必要な基本の組み合わせ) ・チューブレス(本来シーラント不要だけどホイール側で必要) ・クリンチャー(チューブが必要) の3パターンで組むことができます。 クリンチャータイヤしか使わないし、と言う方でもチューブレスレディホイールにしておくメリットはありますので本当にお勧めですよ。

街道練習も可能なカーボンピストフレーム、L’ECLAT SR。 バンク内ではブレーキを取り外して走ることができます。 カーボンフレームで対応しているブランドってないでしょう?

ご来店いただきましてありがとうございました。 ぜひぜひご検討くださいませ。

最新記事

すべて表示

明日のsmrは通常通り実施します。 よく、お客様に「グループライドはまだ実施されていますか?」と聞かれることが多いのですが、基本的には「毎週実施しています」ので…。 僕の今週はメンバーの集まり具合を見ながら、ロードで走るかグラベルロードで走るかを決めます。グラベルロードで走られている方もそれほど多いわけじゃないですし基本はオンロード走るので「グラベルロードで走って楽しいの?」とは事情を知らない人に

IMG_3004.jpg