top of page
  • 執筆者の写真masaki (bici-okadaman)

CEEPOスペシャルオファー2題

おはようございます、bici-okadamanです。 年末に向けてラストスパート中・・・です(笑)。

と、CEEPO田中社長よりスペシャルオファーのお知らせ。

STINGERオリジナルカラーはブラック/シルバーですがオリジナルペイントに特殊コーティングでブルーベースのホワイトロゴ&ラインに仕上げることが可能となります。 写真はサンプルペイントフレームMサイズです。 納期 : 50~60日 サイズ : XS, S, M, L 価格(税抜)  フレーム280,000円, ULTEGRA完成車380,000円


ご注意いただきたいのは「納期が50-60日ほどかかります」と言うこと。 シーズン前半戦の準備にバイクのセッティング・フィッティングとトレーニングも含めて考えると、乗換えを予定している方でも2-3か月はかかると予想します。納期を含めると・・・すでに6月のレースに向けてはオーダーしないといけない! と、言うことも含めての田中社長のオファーですからね(笑)。 ちなみに他車種、他カラーも対応が可能と言うお話をいただいているので、ご相談も含めてご検討ご来店お待ちしております。

もうひとつのお話はこちらもCEEPOバイカー向けのトライアスロンツアーのオファー。 トライアスロンと言う競技にチャレンジすることにおいてCEEPOの魅力はバイクだけにとどまらないことを実感できると思います。詳細については1月初になるそうですが興味のあるかたはぜひぜひ。

15417036_10210507351936636_945792055_n

こと、トライアスロンにおいては「機材面の優位性」は競技規則が比較的ゆるいせいもあってはっきりでやすいのが特徴です。日本ブランドがなかなか育たなかった背景にはこの機材の進化に対応できていなかったこともあるのかなと。CEEPOはその中で独自性を発揮して一定の地位をキープしているように思えます。また、機材だけでなく、田中社長のトライアスロンに対する愛情が見えると言うことも大きいと思います。レースサポートをメーカー挙げて実現するだけでなく、出発からサポートできる体制になってきたCEEPOをbici-okadamanは今後もトライアスロンバイクとして推していきたいと思いますので。

最新記事

すべて表示

明日のsmrについて

明日のsmrは通常通り実施します。 よく、お客様に「グループライドはまだ実施されていますか?」と聞かれることが多いのですが、基本的には「毎週実施しています」ので…。 僕の今週はメンバーの集まり具合を見ながら、ロードで走るかグラベルロードで走るかを決めます。グラベルロードで走られている方もそれほど多いわけじゃないですし基本はオンロード走るので「グラベルロードで走って楽しいの?」とは事情を知らない人に

Comments


IMG_3004.jpg
bottom of page