• masaki (bici-okadaman)

CEEPO SHADOW

先日のCEEPO試乗会を縁に地元トライアスリートの方が乗られることになったCEEPO SHADOW。

年末進行だったのでとりあえずは「シェイクダウン」と言う形でお渡しすることができました。ポジションなどのこともありますが、ブレーキタッチや変速の好み、などより良い形で乗っていただこうと思えばどうしても試行錯誤することがあります。僕の方はDi2のケーブル取り回しをきれいに整えるその暇がとれませんでした。そんなわけで年末に間に合わせてちょっと乗ってみてほしいというのは僕の希望だったりもしたわけで。 CEEPOにこんなカラーはありません(笑。 オーナーさんが仲間と協力して「ラッピング」の形式でデザインチェンジしています。 ちょっと面が複雑なので大変な部分もあったそうですが、「自分のバイク」に仕立て上げるのも良いですよね。

SHADOWはやはり平坦番長的なバイクになります。 トライアスロンの場合、あまり登りに照準を合わせる必要がありません。ロードバイクと違って全コースを自分の力のみで乗り越える必要があるトライアスロンの場合、平坦で休む選択肢がないんです。上り坂があるといっても高低差200mくらいだとせいぜい3-5㎞程度。ロング180㎞の中で登りの距離は数%にしかならなず、残りの下りと平坦もペダリングして距離を稼ぐ必要が大きいんです。なので、こう言うバイクがどこまで効果を発揮するかがとても楽しみと言えますね。 さて、これで年末のお仕事は一応おしまい…。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

96回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示