• masaki (bici-okadaman)

SCOTT展示会(for2018)

SCOTT展示会に行ってきました。 今回のロード系の目玉は・・・FOILにディスクブレーキシリーズが登場!ということだったのですが、実はADDICT、SOLACE、CR-1のシリーズが整理・統合されたということももう1つありました。こちらについてはまた後で。 まずはFOIL Disk(写真のアルテグラモデルはR8070シリーズが付く予定だそうです)から。 各社ともにエアロモデルに先行してディスクブレーキモデルを投入していることが多いですが、UCIレースはOKでも国内レースでまだ解禁になっていないケースがありちょっとだけタイムラグが生じてしまっているのがネックです。 早晩、そのルールも廃止されるような気がしますが。FOILのディスクモデルは当然ですがまずはフォーク部分の新製とリア三角の部分のモディファイが中心になっています。 UCIルールが変更されてエアロ規制の3:1ルールが緩和されたこともどこ吹く風でその部分の改善をPRすることがありません。 FOILはむしろ「オールラウンダー」モデルの立ち位置で、軽量性もエンデュランス性も犠牲にしない点が最大のポイントなのでこれで良いかなと。 登れる、石畳でも勝っている、ディスク搭載した、言うことありません。


ちなみに、ディスクモデルではフレーム重量における重量増は+40g、上位モデルで985gと言うことでディスクブレーキモデルとキャリパーモデルの差がほぼコンポーネント重量だけになっている点でも今後はディスクかな…。 細かなところではディスクキャリパー周辺のカバー構造などに工夫が有りますね。そういう場所でキャリパーブレーキと比較したネガな部分を解消しやすいのがエアロ系の利点かもしれません。 アルテグラ機械式モデルで¥469,000+tax~。

今回、整理統合されたのが、ADDICT、SOLACE、CR-1のカーボンモデルです。 ADDICTは厳密には変わらなかったのですが、名前だけ変更になってADDICT RCになりました。(間違えやすいので注意が必要) SOLACEとCR-1がADDICTという名前になって一応モデルは新製だそうです。ADDICTのコンフォートポジション版という位置づけ。ハンドル周りのポジションが高めでヘッド角が少し寝ていて直進性を優先させているようです。

こちらがRCのモデル。RCもキャリパーモデルとディスクモデルが併売になりますが、ディスクモデルの方はワイドタイヤ(28C)が装着されている関係でちょっと重量増に見えますね(苦笑) キャリパーモデルは28Cが限界だと思いますがディスクは30CもOKです。 (ちょっとシートポスト出しすぎなんですけど…)


ADDICT。価格的にもCR-1が担っていたあたりまでをカバーしていて手を出しやすいカーボンバイクということでお勧めなんですが、このクラスを選ばれるのならディスクブレーキモデルをお勧めするかな。 レース使用が第1義にならないのであればディスクの方が乗りやすいだろうと思います。見た目でもわかるかもしれませんが、ディスクブレーキ(左)モデルは32Cが装着されていました。(もちろん25Cあたりのタイヤを使うことは可能ですが、32Cだとそうとうリラックスして走ることができるはずです。


SCOTTのMTB、アクセサリ以外はこちらでもちょっと紹介しておきます。 女性シリーズはちょっと縮小気味のようです。フレームジオメトリの違いは近年言われなくなってきたのでユニセックスととらえているのかも?しれませんが。 キッズ系もきちんとラインナップしていますが、注目はE-BIKEでした…。

と、言うことで紹介してみました。 僕がおススメするなら、FOIL(キャリパーモデルもディスクブレーキモデルも)、ADDICT RCならまだキャリパーモデルかな・・・。ADDICTはディスクモデルをお勧めします(笑)。 あくまで僕がの主観です(笑)。

0回の閲覧

054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。