• masaki (bici-okadaman)

SCOTT 2021(先行情報)

SCOTT 2021年モデルの入荷が早いモデルを中心に情報解禁になりました。

とりあえず、ADDICT RCは20年モデルがデビューなのでカラー変更が中心ですが。


まずは15(アルテグラDi2-油圧ディスク)モデルが2色展開です。

"CARBON ONYX BLACK"と"PRISM KOMODO GREEN"(\699,000+tax)



もうひとつが30(アルテグラ機械式変速-油圧ディスク)モデルが現状で1つ。(20年は2色展開だったのでもう一つは?)

"PRISM GREEN PURPLE" (\479,000+tax)




20が開いているのでSRAM(etap)がまだ追加されるだろうとは思いますが、その上(Dura-Ace仕様)は正直わかりません。

もうちょっとで情報解禁だそうです(まだ聞いていません)。

SCOTTは昨年モデルからカーボン素材がHMXとHMX SL の2種になっていますが、基本モデルはHMXで統一になっています。

SLはスペシャルモデルでプロチーム供給も基本的にはHMXとか。

これから出てくるだろう、FOILの行方も気になるところですが、軽量×オールラウンダーのADDICT RCはFOIL DISCの空力をベースに軽量性を向上させるという方向性。

ここ最近のメーカーの開発方法は、このパターンが多く、エアロロードとオールラウンダーの登場順が交互になっているケースが多いですね。(なにも某社だけの開発手法ではないのです)

その理由は、やはり「ロードレースのコース構成」にあると思います。山岳ステージと言っても、平地の距離は100㎞以上に及ぶケースもありますし、登れば下る必要があるので下りでのエアロ性能も重要視したいのが技術側の良しでしょう。

そんなわけで、ADDICT RC、旧型FOILよりは幾分スマートに見えるものの、かなりエアロなロードになっています。




もうひとつ。多分新モデルとなっていると思いますが、SPEEDSTAR DISC20。

詳細がちょっとはっきりせず、スペック表みてもわからず(苦笑)。

ですが、スルーアクスル化はされているのでは。カラー情報がでたので掲載していますが詳細は相談いただいたら確認します。

まだ、リムブレーキモデルもいくつか継続ですが、新規で始めるのであればディスクブレーキ"も"お勧めです。

日常のメンテナンスで気を付けることは多少増えます(主にブレーキ面に油が付着しないこと・・・くらいですが)が、メンテナンス頻度は大差もなく、安定して走行ができるワイドタイヤが装着可能。

タイヤサイズに自由度が生まれますので、リラックスして走りたい方は太いタイヤ(32Cとか)、スポーツや競技として取り組みたければ25-28Cの細いタイヤいずれも対応できます。



その他、ジュニアMTB、MTB(SPARK RCがすでに登場)、クロスバイクの情報もでましたので興味のある方はご来店お待ちしております。

727回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

さぁ、オリンピックロード(男子)の日ですよ。

本日bici-okadamanは営業しますよ。 11時からはオリンピックの自転車競技ロード男子です。 TV放映でなくて助かりました(笑。 gorin.jpでLive中継ありますよー。 スタートリストみてますが、なぜか身長の表記があります(笑。軒並み高身長。 って言うのは置いといて、やはり僕の注目は「脚質ファンアールトなるか」です。 本命ファンアールト 対抗ポガチャル 穴 イブネプール ってとこ

大井川港トライアスロン(お手伝い)無事終了しました

18日大井川港トライアスロンも無事にサポート終了しました。 今年は地域限定イベントで参加者も比較的コアなメンバーが多かったような気がしますが、その分、バイクトラブルらしい状況も減ったようです。 ブレーキの調整については2つありましたが、どちらもリムブレーキ系でした。 「ホイールがきちんと嵌っていない」 「ブレーキアジャスターを閉じる側にしていない」 と、言うような形。このトラブルはリムブレーキのク