• masaki (bici-okadaman)

SPEEDPLAYペダルが入荷してます

bici-okadamanが推すロードペダルはこれ!です。 SPEEDPLAY ZERO 。 女性や体重の軽いライダーの場合はSPEEDPLAY Light Actionのほうがいいかもしれません。

もちろん、LOOK、SHIMANO、TIMEをはじめとする各社のペダルも特徴に合わせて好みで選んでもらうように説明させてもらっていますが個人的な好みはこのペダルなのです。 SPEEDPLAY の最大の特徴は、「ウォーカブルカバーがついてくること」(笑)。 これは最近になって加わった特徴ですね。歩けて、つけっぱなしが可能なクリートカバーがついてくるのはSPEEDPLAYだけなのです。他社もカバーが出ているのですが、ライディングするときは外さなくてはならないので失くしやすいことが欠点。 SPEEDPLAYのそれまでの特徴は「フローティング」と呼ばれるペダル固定した時のクリートの自由度にありました。 スピードプレイは完全に「点固定」なのでクリートの前後位置、幅方向の位置は決まります。フローティングはペダル中心を基準に回転方向にスムースな自由度があります。 ペダル位置がしっかりと決まり、なおかつ足先の向きは自由という形なのです。 LOOK、TIME、SHIMANOはそれぞれまたフローティングの仕方が変わっていますので多少は幅方向にズレるほうがいいとか、ペダルの上で幅方向には少しがたがあるくらいがいいとか好みに応じてペダル選びをすることができます。また位置決めのしやすさも各社で異なっていますのでご相談ください。


今回の入荷時に確認をしましたが、これまでの旧型のクリートでウォーカブルカバーが純正品でなかったものは本国でも生産終了だそうです。 あとは、こちらのウォーカブルカバーがついたものをお使いくださいとのこと。 もともとクリートが金属製で寿命も長かったクリートですが、カバーがついてさらに長寿命化しています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

明日のsmrについて

明日のsmrは通常通り実施します。 よく、お客様に「グループライドはまだ実施されていますか?」と聞かれることが多いのですが、基本的には「毎週実施しています」ので…。 僕の今週はメンバーの集まり具合を見ながら、ロードで走るかグラベルロードで走るかを決めます。グラベルロードで走られている方もそれほど多いわけじゃないですし基本はオンロード走るので「グラベルロードで走って楽しいの?」とは事情を知らない人に