top of page
  • 執筆者の写真masaki (bici-okadaman)

ZIPP303S ホイール在庫です。

bici-okadamanお気に入りのカーボンホイール、ZIPP303Sが入荷です。 ディスクブレーキ系になってからはこのホイールしか常用してないからなんですが(笑)。 303SはZIPPのカーボンホイールのなかでも最も価格の安いグレードの1つなんですが、「使い倒す」と言う意味ではぴったりです。ディスクブレーキ系になってからはブレーキ面がローターによって取替え可能になりましたし、ワイドタイヤをつかうことでリム自体のダメージも減っています。なので、リムブレーキ時代と違って比較的「常用する」と言う方が多いです。長持ち、耐久性も欲しいですよね。

303Sは今のトレンドの先を進む先進性を持っています。 ・外幅27㎜/内幅23㎜のワイドリム ・フックレス ・45㎜ハイト、1540g

ちなみに、チューブレスレディのユーザーにとってはフックドリムとフックレスリムの違いって気になりません?いくつかのメーカーがホイールの新作をだしてきたのですが、最近は「ミニフック」なるものも出てくるようですよ。 単純に比較すると ・フックドリム  高圧が可能、なのでチューブドタイヤ(クリンチャー)が可能になる ・フックレスリム  リムウォールの密着性が良い、チューブレス時のエア漏れがしにくい  タイヤウォールがより幅広になる、ウォール曲りが少ない、低圧化が可能 ちょうど相反する事象になるのかなと思います。タイヤの装着に関しては「ハンプ構造のありなし」が影響するのでここでは差が出ません。 チューブレス、かつ28Cをメインで使うユーザーにとってはフックレスの方がバランスが良いのかなと思います。28Cだと、フックレスの対応空気圧で十分に足りるため、より低圧で衝撃吸収性の高いタイヤ構造を得ることができるためです。これは私が2年ほど303Sを常用していて理解したことです。 と、いうわけでお勧めホイール入荷しました。

IMG_3004.jpg
bottom of page