• masaki (bici-okadaman)

トランジションバッグ

トライアスロン用品で意外と重要なものが「トランジションバッグ」です。 トライアスロン用品一式をレース会場に持っていくためのバッグ。準備が悪いと、スタート&トランジションエリアと控え場所、そして駐車場を行ったり来たり…している選手の方が多いです。スタート前の忙しい時間に…。

最低でも ・スイム用品(特にウェットスーツ、ゴーグルなど) ・バイク用品(シューズ、ヘルメット、サングラスなど) ・ラン用品(ランシューズ、バイザーやキャップなど) が必要なうえに、レースに必要な書類、レースウェアやプロテクタ、食料など、スタート前・ゴール後の衣類にシューズ、タオル類を持ったうえで、「自転車を運ぶ」必要があります。つまり両手に荷物を持ってしまうと移動することはできません。

大井川港の駐車場とスタート会場は約1kmほどあるため、正直歩きたくない・・・きちんとしまって背負ってバイクで会場入りが楽ですよ(笑)。 注)その場合はヘルメットをかぶってバイクに乗りましょう。

参加書類を忘れて会場入り、あるいは「どこへしまったか覚えてない」で荷物を引っ掻き回すことのないように・・・。これ、楽ですよね。

もうひとつ、トライアスロンゆえに帰路は濡れたウェットスーツやレースウェアの持ち運びが大変です。そういったところも抜かりない準備をしているのがトランジションバッグです。通常のディバッグに比べてレース参加に使用用途を狙い撃ちしているので 容量は約30L。 通常のランニング大会のレースバッグとしては大きすぎますが、自転車系のイベントで宿泊を伴う時のバッグとしてはちょうどいい大きさです。ヘルメットやバイクシューズもすべて収納できるのでチームや仲間で移動するときにも使いやすいのが特徴。トライアスリートだけに使ってもらうのにはもったいなさすぎるおすすめのトランジションバッグ。 入荷しました。 他ブランドでも出していますので興味のある方はご相談ください。

0回の閲覧

054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。