• masaki (bici-okadaman)

Wilier GTRチーム(マットブラック)

WILIER GTRチームから今期NEWカラーになるマットブラックのフレームが入荷しました。 事情により年内は店内で展示になると思います。 (フレーム 200,000/105完成車265,000/アルテグラ310,000/デュラエース(限定)360,000+tax→ask)


マットブラックはここ数年のメーカーが選ぶ人気カラーでしたがさすがに落ち着いてきましたよね・・・と思った頃にだすWILIER。 マットな部分と艶の部分で塗り分けてあって表情豊かなカラーリングに仕上がってます。 WILIERはカラーセンスと言うか塗り分けのセンスが絶妙です。

GTRチームはもともと継続フレームですが、すでに3~4代目?になりミドルグレードの「ロードレーサー」という立ち位置はしっかりとキープしていると思います。 代替わりごとに洗練されたエアロ形状をまとったオーソドックスなロードフレームと言う形です。 過度な剛性感があるわけでもなく衝撃吸収性はむしろ高く、エアロ形状が取り入れられる部分はきちんと取り込むというカーボンフレームの造形を生かしたうえでコストパフォーマンスも重視できるのがミドルグレードだと思いますが、とても使いやすいバイクに仕上がっていると思っています。


WILIERのハンドリングは僕は好きな方で剛性がしっかりしていてコントロールしやすいイメージを持っています。(同じモノでも人によっては感想がちがうので僕のイメージです) ブレーキ性能にも直結する部分なのでフォーク剛性は僕はしっかりと欲しい方です。


リア廻り形状が代替わりごとに洗練されてかつリアブレーキも剛性を確保して取付できるようになっています。 大きくはないですがエアロ性能の確保、リア衝撃吸収性などの総合的な対応を狙った造りということですかね。 ちなみになぜか、ノーマルのシートポスト形状ながら近年はシートポストが必ず付属するという大判振る舞い?がWILIERの特徴です。

GTR、今はマットブラックのみ在庫が多く、他カラーは基本的に入荷待ちになっているようです。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

明日のsmrについて

明日のsmrは通常通り実施します。 よく、お客様に「グループライドはまだ実施されていますか?」と聞かれることが多いのですが、基本的には「毎週実施しています」ので…。 僕の今週はメンバーの集まり具合を見ながら、ロードで走るかグラベルロードで走るかを決めます。グラベルロードで走られている方もそれほど多いわけじゃないですし基本はオンロード走るので「グラベルロードで走って楽しいの?」とは事情を知らない人に

054-270-5726

静岡県焼津市坂本667-4

©2019 by bici-okadaman。Wix.com で作成されました。