• masaki (bici-okadaman)

On running

こんにちは、bici-okadamanです。

元が自転車店なのでトライアスロン関係ではどうしてもスイム・ランニングがネックと言えばネックなのですが、量が少ないとは言えbici-okadamanでもランニング関係の取扱いがあります。

その代表格が・・・On 。 ソールの形状に特徴のあるランニングシューズ。 垂直方向と水平方向それぞれの衝撃を素早く吸収し、吸収した後はソリッドなソールに変化するという・・・形状で説明しやすいんですよねこのシューズ。

裏面はこんな感じ。モデルによって違いますが、ちょっとつぶした〇の形状をソールにくっつけたような仕組みになっています。潰れきるまでは衝撃吸収、潰れきったら反発とそういう構造です。 左奥をスタートモデルに、スタビリティ優先のモデル、スピード・パフォーマンス、レースモデル、トレイルランニング系・・・それほどモデルは多くないのですが、カラーは多い。

横面から見るとそれぞれのモデルでソールの基本構造は同じなんですが、目的別に少しずつ手を加えてあることがわかるかと・・・。


僕もトライアスロン・トレイルランニングを少しずつ復帰している最中なのでOnはこれから使用しながら時にはレポートしていきたいと思います。全モデル・全サイズ展示できるわけではないですが、徐々に展開していく予定です。

P.S. ランニングついでにこちら。 ランナー系の方は使うようですし、トレランの人もよく見るのですが、自転車系の人はあまりテーピングに馴染みがないように思います。袋井に会社のあるNew-HALEテープを取扱い始めました。 まずは「ニーダッシュ」。 自転車のペダリングにおいて「踏込み時の脚の安定」は故障を起こしにくくするための要素として大事なことだと思います。特に踏込み時に膝がぶれる、踵が急激に下がる(アンクリング)は意識をしていてもなかなか治らないことがフィッティング作業を悩ませる原因でもあります。 フィッティングで治せるものは治したいのですが、癖や関節の不安定感などで出ているものは一朝一夕では難しいのでテーピングテープなどで弱い規制をかけてしまう手もあると思うのです。 と、言うことでこちらもランだけじゃなくバイクでも試してみてほしいと思います。

最新記事

すべて表示

明日のsmrは通常通り実施します。 よく、お客様に「グループライドはまだ実施されていますか?」と聞かれることが多いのですが、基本的には「毎週実施しています」ので…。 僕の今週はメンバーの集まり具合を見ながら、ロードで走るかグラベルロードで走るかを決めます。グラベルロードで走られている方もそれほど多いわけじゃないですし基本はオンロード走るので「グラベルロードで走って楽しいの?」とは事情を知らない人に

IMG_3004.jpg