• masaki (bici-okadaman)

WILIER2019(展示会)

WILIER展示会に行ってきました。こちらも8月末までに当面の取扱い継続かどうかが決まります。 (条件があって見込みがなければ・・・なので、欲しい方はぜひ!)

WILIERはイタリアブランドなんですが、本社的には「ディスクロード」「E-BIKE」と言うことなんだそうです。 代理店としてはまだもうちょっとリムブレーキで行って欲しいなーという感じのようですが。 まぁ、動きが急になったのは昨年モデルからなんですよね。なので、いくつかのモデルはリムブレーキとディスクブレーキのコンパチ(どちらも選べる)仕様になっています。 コンパチにはコンパチのメリットはあるものの、重量増が代償として付きまとうのは否めないのではないかと。 今期から登場したCENT10PROからがディスクブレーキ専用モデルと言うことのようですが、見やすいところに置いてあったのがこれ↓なのでつい。


ツールドフランスでデビューしたCENT10PRO 。エアロロードとしては比較的おとなしめなルックスですが汎用性(つまり登りも平地もイケるという意味では)今後のスタンダード的な形状でしょう。 個人的にはディスクブレーキ推しですが、リムブレーキ系のエアロロードとしてはブレーキの取り回しも使い勝手も良いので扱いやすいはず。あとはハンドル込みの価格でちょっとお高いハンドルがついています(笑)。


TURBINEは厳密にはロードのタイムトライアル仕様ですが、トライアスロンにも投入されている「ディスクブレーキ版TTバイク」です。 ハンドルセット+フレームフォークでの販売(650,000円+tax) TTバイクのディスクブレーキ化のメリットは「ブレーキを握ることが怖くなくなる」ことでしょうね。空力などにももちろん効いてくると言う話ですが、これまでのTTバイク系のブレーキレバーや怪しげなエアロ系Vブレーキはかなり怖い(いつブレーキが効き始めるのかやレバーが頼りなさすぎとかや)があって勧めにくいと思うものもあったので。そういう時は素直に「たぶんそうなると思う」と伝えるようにしていましたが。 油圧ディスク化してしまうとレバータッチ、制動力の面で安心感がありますよ。


最新記事

すべて表示

明日のsmrは通常通り実施します。 よく、お客様に「グループライドはまだ実施されていますか?」と聞かれることが多いのですが、基本的には「毎週実施しています」ので…。 僕の今週はメンバーの集まり具合を見ながら、ロードで走るかグラベルロードで走るかを決めます。グラベルロードで走られている方もそれほど多いわけじゃないですし基本はオンロード走るので「グラベルロードで走って楽しいの?」とは事情を知らない人に

IMG_3004.jpg